喉の薬が鼻にも効く? 覚えてるつもりが忘れることもあります

 お客様から鼻づまりと喉の痛みの相談を受け、普段は風邪薬の『パブロンゴールドA』を使っているとのことだったが、咳は無いので適応しないことと、咳止めの成分には麻薬系もあり体がだるくなる可能性を説明した。

 鼻炎には『ロートアルガードクイックチュアブル』を用いて、喉にはプ『ペラックT』か『龍角散ダイレクト』の併用お勧めたところ、『龍角散ダイレクト』は家にあるというので『ロートアルガードクイックチュアブル』のみを購入していただいた。

 鼻や喉の症状は繋がっている胃を悪くしてる可能性があることをお話しすると、最初は鼻水だったと言うのでやはり関係していそうだ。

 ん?

 お客様がお帰りになってから気がついたけど、効能には書いていないものの『龍角散ダイレクト』だけで鼻づまりの面倒も見れたかもしれない。

 鼻づまりは鼻の奥の血管が炎症して起こるものだから、喉を冷やして炎症を抑える『龍角散ダイレクト』は、鼻づまりへの効果を期待できるんである。

 上半身を冷やすということでは、効能に書いてある『銀翹散』も紹介しておくべきだっただろう。

 ううむ、商品の特性の把握が疎かになっていたか……。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢の常連のお客様から、研磨剤入りの歯磨き粉を求められ用途を尋ねると、換気扇の掃除に使うとのこと。

 何を持って研磨剤と呼ぶかは解釈によることを説明し、重曹とクエン酸を混ぜる方法を知らせると、重曹とお酢を使った方法をご存知だったので、「同じことです」とお答えしたところ重曹を購入された。

 以前にいらした時に、漢方薬に詳しい近所の病院を紹介したのだが、行ってみて良かったと言われた。

 それは、なによりです(⌒▽⌒)

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『第一三共胃腸薬プラス』を購入されるさいに、胃が弱ってる時に向いてることを伝えると該当するようだったので、何かが上がってくるような感じの場合には別な選択もあることを伝えた。

 すると興味を持たれたようなので、『パンシロンキュア』と『スクラート胃腸薬』を候補にした。

 おっと、あと漢方薬では『半夏瀉心湯』である。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 高齢のお客様と介護職員と思われる人が来店し、『新ビオフェルミンS』を求められ、お買い上げいただいた。

 病院で処方してもらえないとのことだったが、理由は不明。

 乳酸菌は腸に届くまでに多くが死滅してしまい効果が限定的という説もあり、『新ビオフェルミンS』はヒト由来の乳酸菌であるため定着率が高いとされており、飲み慣れているのであればその方が良いことを伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!