何の薬が効かなかったのかというのは重要な情報

 お客様が『ベンザブロックL』を購入されるさいにヒアリングすると、患者は奥さんで、主訴は鼻水と喉の痛みというものの鼻水の色や喉の痛み方は分からないとのことだった。

 もう何度となく遭遇しているけれど、家族や知り合いの薬を本人に代わって買いに来る時には、症状を確認してきておいてもらいたい(;´Д`)

 今回はそのままお買い上げいただいたが、市販の風邪薬は一部の例外を除いて何をどう選んでも必ず咳止めがついてくるので咳が無いのであれば、総合の風邪薬を使うよりも症状別の薬を使った方が体への負担が少ないことを説明した。

 今回の場合なら、カフェインが重ならないように気をつけつつ鼻炎薬と鎮痛剤を併用するか、喉の痛みが弱ければ喉を潤す成分が入っている鼻炎薬を使うという方法も考えられるし、あるいは鼻水に点鼻薬を使って喉には抗炎症剤を使うという方法もある。


 お客様から、中学生の子供の口内炎が一週間ほど続いていて、別なドラッグストアーのプライベートブランドが効かなかったというのだが、その内容が分からなかった。

 せめて薬の名前が分かればプライベートブランドでもネットで検索できるし、その薬の成分表示の分かる物を持ってきてもらえれば処方内容を確認できるのだが。

 何が効かなかったのかというのは重要な情報で、特定の症状が続いている場合は、別な疾患が隠れていることも考えられる。

 口内炎の薬でいえば、抗炎症作用のステロイド剤と非ステロイド剤では効果が違うし、抗炎症よりも皮膚の再生に重点を置いた薬を使っていたのたなら、強い症状には効かないのは当然でもある。

 今回は痛みが強いようなので、病院でも処方されるステロイド剤の『ケナログ』を案内してお買い上げいただいた。

 奥さんは子供が野菜嫌いなため野菜不足が原因と言っているそうで、確かにビタミンBが関係すると考えられるが、胃の不具合の可能性もあることを伝えた。

 口で起きている症状は、胃でも起きていると考えられるので。

 それから、冷たくて気持ちいい夏野菜はしばらく避けるようにお話した。

 体の方は患部を炎症させて治そうとしているので、冷やしてしまうと「もっと炎症しなきゃ」と変に頑張ってしまうからだ。


 

以下の記事も読まれています。

 

1 Comment

  • 銘柄指定で選んだお客様の責任とドラッグストアの薬担当者の方の責任です。

     

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!