総合風邪薬でも得意な症状が違います

 お客様から風邪薬を求められたけれど、患者は15歳の娘さんで主訴は鼻水であり、花粉症を持っているというため鼻炎薬を提案したところ、家に『アレグラ』があるという。

 ただ、『アレグラ』は予防薬として一定期間を通して服用した方が効果的で、またすでに症状が強く出ている場合には効いてくるまで日数が必要になることを説明した。

 症状は強く出ているようで、受験勉強もあるため眠くなりにくいものを要望されたから、『小青竜湯』を勧めてお買い上げいただいた。

 鼻水は冷えが原因とも考えられるので、とにかく下半身に厚着をさせて温かい物を積極的に飲み、体を温めるよう勧めた。

 受験生のリラックスのために『半夏厚朴湯』を紹介してみたけれど、本人の性格もお客様自身も不要であるらしい。

 それは何よりです(*´∀`*)

 お客様が『パブロンSゴールドW』を購入されるさいに、喉の痛みには効き目が弱いことを伝えると「パッケージに書いてあるけれど」と問われた。

 『パブロンSゴールドW』は咳止めと去痰剤で構成されていて、喉を潤せば痛みも軽減するという設計思想と思われる。

 お客様には、総合風邪薬でも会社や開発者の設計思想により、得意な症状が違うことを説明した。

 今回は常備薬にするとのことで、そのまま購入された。

 お客様から水絆創膏を求められ、『エキバンA』を案内したうえで、傷口にしみることを伝えた。

 用途は手荒れだというため、『ヒビケア』のような物は持っているか尋ねると、家にあるとのこと。

 なのでその薬を先に塗って『エキバンA』で覆う方法を提案し、そのままお買い上げいただいた。

 それから皮脂の洗い過ぎを防ぐために、普段の手洗いはハンドソープなどを使わずにキッチンペーパーでこすり洗いする方法を勧めた。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!