薬を慌てて購入されると、伝えきれない情報があります

 お客様から風邪薬を求められたけれど、主訴は鼻水と喉の痛みというため、鼻炎薬の効能にも喉の痛みがあることを説明したところ、『パブロン鼻炎カプセルSα』を、お使いいただくことになった。
 そして鼻水は内臓の冷えとも関係し、鼻の症状というのは喉から繋がっている胃の不具合が原因とも考えられるため、消化に良い食事をするようお話すると思い当たるようだった。
 お客様からは、「いろいろありがとう」と言ってもらえた。
 鼻炎薬に喉の痛みの効能があることや、鎮痛剤はまさに痛み止めなのに喉の痛みに使えるのを知らないという人が多く、喉の痛みだけで総合風邪薬を選んでしまいがち。
 今回のように声をかけてもらえると、選択の幅が広がります。

 お客様が『ベンザブロックL』と『第一三共胃腸薬』を購入されるさいにヒアリングしてみると、風邪薬の方は主訴が喉の痛みで咳は無いとうため、鎮痛剤での対応を提案したところ何か家にあるそうだったので、そちらを先に使ってみるよう勧めた。
 『ベンザブロックL』に入っている咳止め成分は、内臓の働きを抑制する作用があり、鼻炎の成分もまた身体機能を低下させるから、喉の痛みを抑えるだけに使うには大袈裟だし、リスクの方が大きくなってしまう。
 本当は『第一三共胃腸薬』の方についてもヒアリングしたかったのだが、急いでる感じだったのでできなかった。
 『第一三共胃腸薬』にも、内臓の働きを抑える成分が入っているから、もし併用するようなら風邪薬の副作用と相まって便秘になってしまうかもしれないため、その注意もしたかったところ。
 ただの常備薬なら良いのだけれど、何故か世間では胃腸薬は安全に運用に注意を払われないことが多いから心配。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート