どのくらいの発熱だと体に影響するのか

 お客様から、高校生の子供が鼻水と咳があり、37度の発熱をしていると相談を受けた。
 主訴に鼻水を最初に挙げたので、『ルルアタックNT』を案内したところ、どのくらいの熱だと体に影響するのか尋ねられ、平熱との差によりますと説明した。
 つまり普段の平熱が低い人はちょっと上がっただけでもグッタリしてしまうし、普段が高めな人は37度の後半でも元気だったりする。
 早く治すには熱を出してウイルスと戦ってもらった方が良いので、体力を消耗しないよう咳止めだけを使って自力で治す方法も提案した。
 咳止めの処方内容によっては、効能に鼻水と書いていなくても少しは対処できるし。
 今回は『ルルアタックNT』をお買い上げいただき、体を休めるのは内臓も含めてであることを説明し、食欲があっても消化の良い物にして量は控えるよう伝えた。

 女性のお客様が『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたさいに症状を尋ねると、主訴は鼻水と喉の痛み、そして痰のある咳だとのこと。
 鼻水は透明だというので、積極的に温かい物を飲み体を温めれば改善する可能性が高いから、喉の痛み止めも入っている咳止めの『ルキノンせき止め』を提案したところ、患者はご主人で一緒に来ているというため呼んでもらい、また一から説明することになった。
 しかし、ご主人は迷って決められず奥さんが『ルキノンせき止め』を選択すると、ご主人はまたどこかへ行ってしまった。
 奥さんには、鼻・喉・胃は関係するので、胃に優しい食事をするよう勧めた。

 夫婦のお客様が来店し、ご主人が透明な鼻水が出て喉が痛く、咳の他に節々も痛いというお話だった。
 しかし詳しく訊くと、いずれの症状もそれほどではないというため、私としては珍しく『葛根湯』を提案した。
 ただ、いつもは『パブロンエースAX』を使っていたそうで、後継は『パブロンエースPro』であるものの、現在の症状には強すぎると考えられるため『ルルアタックEX』を案内してお買い上げいただいた。
 風邪をひいて体を休めるというのは内臓も含めてなので、消化に良い食事をするよう勧め、一番ダメなのはお酒ですと伝えたら、笑ってもらえた。
 ウケると、ちょっと嬉しい( ^ω^ )

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート