『龍角散』と『龍角散ダイレクトスティック』の違い

 お客様からカラ咳の相談を受け、咳は一週間ほど続いていて『パブロンSゴールドW』を服用しているとのこと。

 咳向けの風邪薬ではあるけれど、咳だけならば『パブロンSゴールドW』は余計な成分が入っているから、咳止めに絞った方が良い。

 ただ詳しく話を訊くと微熱の風邪をひいていて、それで服用していたらしい。

 『パブロンSゴールドW』に入っている咳止めの成分の副作用か、発熱によって体内が乾燥してる可能性を説明して『麦門冬湯』を勧めたところ、お買い上げいただいた。

 食事は胃に優しい物をと勧め、入浴はしているというので「それは良いこと」と伝え、炎症を抑えるためには積極的に体を温めるようお話した。

 患部が炎症しているのに、どうして温めるのかというと、体には患部を治すために炎症をさせたい理由があり、冷たい物を飲んだりすると「もっと炎症させなきゃ」と頑張ってしまうから、頑張らなくても良いということを体に教えてあげるのだ。

 常連のお客様が来店し、ご主人から『龍角散』を頼まれたというので、咳止め成分も入った無印と、喉の炎症と乾燥に特化した『龍角散ダイレクトスティック』を案内すると、両方を購入された。

 お客様からは「本人じゃないとわからないわね」「説明してくれて助かる」と言って頂けた。

 中国人らしい二人組のお客様が、『ムヒこどもかぜシロップPA』と『龍角散ダイレクトスティック』をまとめ買いされるので転売目的かと思ったが、『龍角散』の無印と『龍角散ダイレクトスティック』の違いを説明すると、無印も一つ購入された。

 どうやら転売目的ではないようなので、子供は風邪をひいた時にはゆっくり休ませようと別の部屋で一人で寝かせるのではなく、自分がマスクなどで感染対策をして同じ部屋に寝かせ、症状の経過を観察するようお話した。

 子供は急変が怖いので。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!