初めて使う薬は小容量からお試しを

 お客様が『リポビタンJr.』をまとめ買いされるので、2種類の人参が入っていて『リポビタンD』よりも良い物であることを伝えると、 中身は知らないようだった。

 子供が受験生と聞いたので、ストレスの緩和に『半夏厚朴湯』を紹介した。

 また、 お客様自身が疲れてる様子だったので、『リポビタンJr.』を一緒に飲んでみてはと伝えたけれど、余計だったかしらん。

 『半夏厚朴湯』もストレスを軽減するという意味では、親子で一緒に飲んだ方が効果的ではある。

 お客様から、置き薬にするとのことで『エスタックイブNT』と『エスタックイブ』の違いを質問され、 前者が鼻炎向けであることを説明すると、いつも使っているという後者を購入された。

 しかし、朝方に鼻水が出るという話があったので、そういう時には総合の風邪薬ではなく鼻炎薬を使った方が体力の低下を防げることを教えた。

 また、上半身を温めれば改善する可能性が高いので家に『葛根湯』があれば使ってみるように提案すると、『葛根湯』を気軽に使って良いのか訊かれたので、適応する症状には早め早めが良いですと伝えた。

 そのため、『葛根湯』は家に置いておくよりも持ち歩くよう勧めた。

 お客様が『ナロンエースT』を選ばれ、錠数が多い方が得かと訊かれたが、薬は合うか合わないかが重要なので、初めて使うのであれば小容量の物を試すようお話して、同じブランドでも成分が違うことがあるので気をつけるよう付け加えた。

 市販薬や健康食品などで「お試し版」があるけど、あれは効くか効かないかじゃなくて、体に合うかどうかを試すんである。

 お客様の用途は偏頭痛だというため、ズキズキするタイプは胃が関係し、鎮痛薬で胃を悪くすると頭痛になるという無限ループになってしまうことを説明した。

 なので服用時は消化に良い食事をするよう勧めて、普通に食べてしまう人が多いと付け足したところ「私も」というお返事だった。

 とりあえず今回は、『ナロンエースT』の小容量をお買い上げいただいた。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!