塗り薬の方が飲み薬より安心という勘違い

 お客様から初めに風邪として相談を受け、主訴が喉の痛みと鼻水だったので『ルルアタックNX』を案内したうえで、 咳などの出ていない症状の成分があると体の負担になることと、 鼻水は透明だと言うため内臓の冷えが原因と考えられることを説明し、喉の痛みだけに対処してはどうかと提案した。

 透明な鼻水の方は、積極的に温かい物を飲んでお風呂に入りお腹周りを保温すれば、改善できる可能性が高いことも伝えた。

 先に『ルルアタックNX』を案内したのは、まずはお客様の要望に応えないとお話を聞いてもらうのが難しいから。

 ただ、せっかちな人だと即決されて、やっぱりお話を聞いてもらえなるけど。

 まぁ、その場合は仕方が無いってことで。

 今回はお客様が納得されたようなので、患部だけでなく内蔵まで冷やしてしまう『龍角散』などは適さないことをお話して、『ペラックT』と『パブロントローチAZ』を案内したところ、前者をお買い上げいただいた。

 うちのお店のラインナップから、『 駆風解毒湯』が無くなってしまったのが痛い。

 『 駆風解毒湯』なら、内臓まで冷やさずに喉の炎症を抑えられるのに。

 ダニに刺されたというお客様から腕と腹部を見せられ、腹部は痕が横一列になっていた。

 患部から血が滲んでいるのを本人は掻いたからと言っていたが、一般に虫刺されという言い方があるものの刺すのは蚊ぐらいで、他の虫は牙で食いちぎってしまうことをお話した。

 もちろん、掻きむしって血が滲んだというのもあるのだろうけれど。

 とにかく患部は赤く腫れており、痒みも強そうなことから『ムヒアルファEXクリーム』を勧め、お使いいただく事になった。

 また、右の脹脛(ふくらはぎ)がこむら返りのように痛んで、痺れ感もあると相談された。

 塗り薬を望まれたのでフェルビナク製剤を案内したうえで、内服薬に『コムレケア』(芍薬甘草湯)『疎経活血湯』を紹介すると、数年前に脳梗塞を患ったことがあり、塗り薬の方が安心と言われたため、外用薬も体内に影響することをお話した。

 ジクロフェナクトリウム製剤などのパッケージにも注意書きが、これでもかとばかりに書かれているのだけれど、読んでいる人が少ないのか、この手の勘違いは多い。

 今回はフェルビナク製剤のローションをお買い上げいただいたものの、フェルビナク製剤もまた体内に浸透する薬ではあるので、ジクロフェナクトリウム製剤ほど危険ではないとはいえ注意は必要である。

 しかも、お客様は脳梗塞以来ずっと服用してる薬を近所の内科医に頼んで処方してもらってると言うので、一度専門医を紹介してもらうよう勧めた。

 もしかすると、歩き方にも影響していて、その負担が症状として現れてるかもしれないし。

 科目が違うと通院している医師に相談しないということもまた、ありがちなことである。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!