第1回『そして私は助かった』

プレゼントした商品(賞品ではなく商品)
 

 投稿プレゼント企画第1弾です。
 採用者全員プレゼントという、今考えると大盤振る舞いしてしまったと少し後悔しました(苦笑)
 それでは、採用作品をお楽しみ下さい。
『そして私は助かった』…採用者発表(第1回)
 たくさんのご応募ありがとうございました。
 第1回目の採用者を発表いたします。
 ご自分の投稿作品が載っているかは、見てのお楽しみ!
 採用された方には、後ほど改めてメールでお知らせした上で賞品を発送いたします。
 また、今回採用されなかった方も、第2回目の選考のさいに新たな投稿作品と一緒に選考しますので、敗者復活のチャンスがあります。どうぞ、次回の発表もお楽しみに!

#ちょっとお下品偏
≪プー/女性/17歳≫
 私は友達につられ献血をしたんです。
 貧血をするようなやわな私ではないのですが、その日は倒れてしまったんです。
 なぜかというとサツマイモを食べたせいか無性におならがしたかったのですが側に友達がいるので溜めてしまったんです。おならを溜めたために私は血が回らなくなり、電車に乗っていて倒れてしまいました。友達はすぐに駅員さんを呼んできてくれたので私は大丈夫だったのですが側に身寄りがなかったら放置されていたのでは……と思います。
 
≪みかんぼうや/女性/16歳≫
 小学校の頃、理科の授業が終わりそうな時に、急にトイレに行きたくなったのですよ。
 かなり、限界まできていて漏れそうだったので、先生に「トイレ行っていいですか…」と言ったところ、「もうすぐ授業も終わるんだから我慢しなさい」と怒られてしまいました。鬼だと思いましたね。
 みんなの前で漏らせと言うのか~!って感じでした。
 …で、チャイムが鳴り授業が終わったのですが、起立をしても先生がまだ話しをしているんですよ。
 …もうちょっとづつ出ていましたね。
 先生の話が終わった後、即効トイレにいきましたとさ。
 すっごく変な走り方で走ったような。
 勢いよく出したのが鮮明に覚えています。気持ちよかった…。
 まぁ、ありがちな話ですね。助かってよかった。
 
≪さくら/女性/28歳≫
 私は今年の春引越ししました。
 私は着いたその日に必要な物は引越し屋さんの荷物とは別にあれやこれや手さげカバンに入れてもってきていました。
 だがしかし私が引越し先について一番にしなきゃいけなくなったこと・・・それはトイレに行くことでした。
 もちろんまだ誰も住んでいないトイレにペーパーなんてあるはずない。
 困った・・・夜は遅いし近くにコンビニもないしかたなくまだ会ったこともないお隣さんに「ピンポーン」・・・。
 とってもいい人でペーパーを一つ貸していただくことができました。あの時は本当に助かりました。
≪ちっちびょん/女性/29歳≫
 久々の彼とのデートで私は浮かれてついついイタリアンのお店でワインを飲みすぎてしまいました。
 そのときは全く気がつかなかったのですがさあ帰ろうと立ち上がったとたんに何故か頭がくらくらくら。。。。
 それでも大丈夫な振りをしてお店を出ました。
 そのお店が地下だったので階段を何とかのぼっていると突然気持ち悪くなってしまいました。
 彼になんとか「き、気持ち悪い。。」って言うのがやっと。
 その場にへたりこんでしまって動けません。
 彼は「ちょっと待てー」と慌ててお店に戻りビニール袋を持ってきてくれて私はなんとか間に合い階段に吐かずにすみました。
 もう恥ずかしいやら気持ち悪いやら最悪の状態の私の背中をずっとさすってくれてそのあと駐車場までお姫様抱っこして連れてってくれた彼のおかげで私は助かったのでした。
 彼の愛情も感じつつ飲みすぎには気をつけようと固く心に誓う今日この頃です。
---------------------------------------------------------
☆プーさん
 そうそう、オナラを我慢するって本来は危険なことなんですよね。
 アメリカなどでは、オナラをすること自体はあまり恥ずかしくないとか。(真相不明)
 でも、サツマイモは健康にも美容にも良いですから、これからも食べましょう。そして盛大にオナラを……(゜゜☆\(--メ)ポカッ
 
☆みかんぽうやさん
 いましたねぇ、そういう融通のきかない先生。間に合って良かったですね。
 ありがちな話で他にも多数あったのですが、文章のノリで選びました(⌒▽⌒)
 
☆さくらさん
 同じくオモラシネタですが、シチュエーションに吹き出してしまったので(^.^)
 借りに行った時も、お隣の方は引越しの挨拶か何かと思ったのでは(笑)
 いいご近所づき合いをして下さいね。
☆ちっちびょんさん
 そして、彼氏の目の前で上から盛大に(?)出してしまったというちっちびょんさん。
 彼氏の慌てぶりを想像しつつ、冷静に対処する頼りになる方のようですね。しかも、そこまで見せていれば、もう怖いものはありませんよね(笑)
 ……ところで、お姫様だっこというのは力だけではないので、以外に難しいものです。私は落っことしそうになった事がありますσ(^◇^;)。


#お仕事ならでは偏
≪blackcat/男性/30歳≫
 緊急事態が起こったとき、まず何を考えますか?
 以前、担当列車で人身事故が発生しました。原因は踏み切り横断失敗ですね。
 当事者はお気の毒ですが即死でした。
 列車停止後、遺体を安全な場所に安置するために線路上に降りようとしました。
 さすがにパニックになってますから取りあえず落ち着こうとしました。でもすぐには無理なんですね、こういう時は。
 何を考えたのか通常では安全の為、対向線路の反対側に降りるのですが、その時は無意識に反対の線路に降りようとしていました
 とにかく頭の中には遺体を安置することしか考えて無かったんですね。
 降りようとして体を半分外に出した時、パーンという音がしました。
 そうです、対向線路の電車が非常制動を掛けたんです。後少し出るのが遅ければ触車して、死んでいるところです。
 あの時は生きた心地がしませんでしたね……。
 パニックになったら取りあえず深呼吸して落ち着きましょう。
 そして自分の安全を確保しましょう。それが第一です。
 そして私は助かったって解かるんですよ^^
 
≪ジュゲム/男性/66歳≫
 昭和三十八年一月十八日私は小さな漁船の通信士としてある漁船に乗り込んで漁場に向けて航海していた。
 その朝船長がただならぬ顔で私のところに来た。船底に亀裂ができて浸水がとまらないと言う。
 そういわれて私はびっくりして飛び起きた。
 その日は季節風が強く海上は大時化だった。
 位置は都井岬の南方150キロの海上であった。
 すぐさま海上保安庁に連絡、付近の船を呼び出したが応答がなかった。
 沈没の危機は、刻々とせまり漁船は浸水が徐々に進んでいた。
 巡視船は救助に向かうと連絡してきたが現場付近到着はこの時化では20時間ぐらいかかるという。
 これでは我々は助かる見込みはない。と判断した私は自衛隊の航空機に救助依頼するように要請した。
 それから一時間後に海上自衛隊の航空機が鹿屋基地から飛び立ち、遭難現場に到着し大型のライフボートを複数落としてくれた。
 そのうちの一つが幸いなことに漁船のアンテナにひっかかり全員十五人がそのライフボートに移譲し巡視船の到着を待つことにした。
 我々の漁船はそれから間もなく沈没した。
 付近で操業していた漁船が数時間後に遭難現場に到着し救助して貰った。
 もし、自衛隊の飛行機が救命ボートを投下してくれなかったら私は今こうしてこの文章を書くことはできなかったはずと思う。
---------------------------------------------------------
☆blackcatさん
 鉄道の乗務員さんならではの体験ですね。
 自分は落ち着いているように思っても、やっぱりどっか正常でなかったりするもので。ご無事でなによりです。
 そうそう、落ち着こうとして深呼吸をする時に初めに息を吸う人がいますが、あれは運動の時だけです。初めに吸うと血圧が上がってしまいますから、まず最初に吐けるだけ吐いてからゆっくり吸う深呼吸をしましょう。
☆ジュゲムさん
 これも、漁師さんならではの体験となるでしょうか。
 ルポルタージュふうの緊迫感のある投稿に、その時の様子が目に見えるかのようでした。
 ささやかですが、40年目を迎えたお祝いにプレゼントを送らせていただきます。


#生き残る知恵偏
≪まきまき/女性/28歳≫
 子供の頃ミニカップゼリーの凍らせたものを喉に詰まらせ、死ぬかと思った。喉の皮を引っ張って水を飲んだら何とか胃におりて助かった!!
 
≪チャンペ/男性/28歳≫
 8年程前、結構仕事が忙しい中、血尿が出ることがたまにありました。
 でも痛みはないし、何しろ病院へ行くひまがなかったので、そのまま放っておきました。
 それが2年程続き、段々と血尿は出なくなったので、気にせずにおりました。
 しかし2年前、今度は痛みを伴う血尿が出ました。
 下腹部に痛みがはしり、何より血尿が出る時、尿道にするどい痛みを感じ、出すのが困難でした。
 その頃、今のカミさんと付き合い始めたんですが、まだ特に気にしていなかったので、血尿のことは言わずにおりました。
 が、ある日とてもこらえきれんばかりの痛みと共に、血尿が出ました。さすがに一緒にいた彼女にも打ち明けました(最初の話から)。
 当然病院に行くことを勧められましたが、やはり仕事の合間をぬっていくのは難しく、また億劫でもあったので、なかなか腰を上げませんでした。
 しかし彼女もそれでは引き下がらず、次の日曜日に一緒に救急病院へ行こうと言ってきました。
 さすがに観念して病院を訪れると、当直は泌尿器科の医師ではなかったため、「結石かもね」という診断でした。
 ちゃんとした検査を勧められ家に戻った矢先、今までにない猛烈な痛みを感じました。
 私のあまりの苦しみ様に、彼女はかなり動揺し、でも即座に病院へ連絡し、私を車に乗せ、先ほどの病院まで泣きながら連れてってくれました。
 検査の結果膀胱に腫瘍が認められ、すぐに手術しました。割と大きな腫瘍で、やはりガン性のものでした。
 膀胱ガンは転移率も死亡率も他の部位に比べると低いそうですが、もしあのまま病院に行かず放っておいたらと思うと、ゾッとします。
 無理にでも病院に連れてってくれた、カミさんに感謝です。
 
≪なっち/女性/30歳≫
 最近 のどが痛くなり熱がでました。
 ただの風邪かと思い 風邪薬や解熱剤を服用するも 高熱が続き「これはおかしい」ということで発病から数日経って病院に行ったところ「急性喉頭蓋炎」と診断されました。
 ウィルスによって のどの奥に炎症が出来ているとの事です。
 そしてこの病気は「腫れが進行すると気道をふさいでしまい 窒息により数時間で死に至るケースもある恐い病気である」といわれました。
 そしてそのまま救急車に乗って 別の病院へ行き入院です。
 腫れが悪化した場合は 気道を確保するために切開手術もありえる、といわれゾッとしました。
 幸い抗生剤で炎症が抑えられ9日後に退院しましたが、しばらくは自宅で安静にするよう言われました。
 今回の件で 改めて 日頃の健康管理の大事さを痛感しました。
 そして教訓は「素人判断では命を落とすこともあり得る」という事を肝に銘じて「ちょっとおかしい」と感じたら、すぐに病院に行こうと思いました。
---------------------------------------------------------
☆まきまきさん
 「喉の皮を引っ張って」というところがポイントですね。それで実際に食道が広がる訳ではありませんが、それが良い刺激になったのかもしれません。
 
☆チャンペさん
 に…2年間も放置ですか………(^-^;
 治療してその後の経過も良いようでなによりです。
 もう、その体験談はどんどん人に話してやって下さい。そうですね、できるだけ怖~く思えるように(笑)
 
☆なっちさん
 風邪は誰もが一度くらいはかかる病気で、それでいて重篤になる事は必ずしも多くないものですから、ついつい“風邪の症状”が出ても大したことないと思いがち。
 同じくその体験は、ぜひ他の人たちにもふれ回って下さい。医者だって誤診するんですから、素人判断はなおの事です。(やや例えが悪い)


#アノ惨事で命拾い偏
≪わか/女性/38歳≫
 結婚の時、マンションと一戸建てとどちらを借りるか迷いました。
 私は戸建の方が安いしかわいかったので借りたかったんですが、主人がどうしてもマンションにしたいとのことでマンションに決まりました。
 その半年後、阪神大震災で私たちのマンションは新築でもあり無事だったのですが、後日、見に行くと戸建の方は壊れて更地になっていました。
 それを見たときは心から「助かった」と主人の勘に感謝しました。
 
≪ハイパーモンスター/男性/32歳≫
 阪神大震災でバイト帰りで、ちょうどシャワーを浴びていたので、下敷きにならずにすんだ。
 風呂場は丈夫にできているとほんと思いました。
 ただ裸なのでなかなか外にでることができず、たいへんさむく、風邪ひきました。
 命を落とすことに比べれば、ほとラッキーでした
 
≪こうすけ/男性/40歳≫
 日航機、羽田沖片桐機長による逆噴射墜落事件。
 福岡一番機をたまたまキャンセル。長崎便へ。
 落ちずに助かった。(受験では、全部落ちて・・・・しゃれにならない*)
---------------------------------------------------------
☆わかさん
 家は一生の買い物と言いますが、まさに“一生”を買ったようですね。
 その運の良さに、もう1本オマケ(リップクリーム)です(・v<)
 
☆ハイパーモンスターさん
 同じく阪神大震災を生き抜いたとの事で、無事でなによりです。
 自分もトイレなどで「今地震が起こったらどうしよう」と思いますが、命を落とすことに比べればフルチンくらいどうって事ないですよね。(やや違)
☆こうすけさん
 乗ったか乗らないかが運命の分かれ道になるのも良くある事。
 命を拾った強運からすれば、もしかすると受験に落ちたのも何かの事件を避ける事ができたのかもしれませんよ(・u・)
 もちろん、それで運を使い果たしたのかもしれませんが(苦笑)。


#ああ、悲惨(?)偏
≪まり/女性/30歳≫
 電車とホームの間にはまってしまった私。でも、そんなに太かったのか、フトモモのおかげで途中で止まり助かったんです。
≪サトチャン/女性/17歳≫
 朝、自転車で駅へ向かう途中、スピードも出さないし、石などもなかったのに、自転車の前輪が何かに突っかかって、前のめりになり、転んで、顔を地面にぶつけました。
 そしたら上から自転車が降ってきて、サドルが頭に落ちてきました。病院で、レントゲンやCTスキャンを撮って、大丈夫といわれましたが、死ぬかと思いました。
 サドルでなかったら、きっと大怪我だったと思います。
 親はハンドルがトンボで、荷物もたくさんあったからだといって、ママチャリを買ってくれました。
 友達には、悲惨だといわれました。
-----------------------------------------------------------
☆まりさん
 ええと…、助かったから良しという事で(苦笑)
 ウチの奥さんは、腹が痞(つか)えて助かるかもしれんなぁ_(._.)_
 
☆サトチャンサン
 うはぁ、それはなかなかスゴイ状況でしたねぇ。まるで見事な連携プレイのような事故で。
 助かった事も含めて、実はメチャクチャ運が良いのでは?

#感謝してます偏≪ひろくん/男性/42歳≫
 二十歳頃、犬小屋製造中に電器ノコで左手を切断した。
 救急車は地元の町立病院へ搬送すると言うので、それならばタクシーで行くとゴネたら隣町の総合病院へ搬送してくれた。
 幸い大学病院から手の神経を手術できる有名な先生がおられ、8時間の手術でなんと手がつながり、普通に使えるまで奇跡的な回復ができました。
 お蔭様で成人後は某自治体消防局レスキュー隊に所属し、人命救助を通じた恩返しをさせて頂いております。
≪あーゆ/女性/22歳≫
 急に腹痛に襲われた時2才の娘しか居なくて「痛い・・・」とうなっていたら携帯を持って旦那に電話をしてくれた。
 たまたまリダイヤルを押したようだけど子供もただ事じゃないと感じたようで電話口で必死に「パパ、ママが~」と何度も言っていたと後から知って私は涙が止まりませんでした。
 結局私は急性胃腸炎だったのですが、家族に助けられました。
≪むらさきいもこ/女性/34歳≫
 昔、大きなドブがあったころ、(ふたもなく)2つ違いの姉の運転する自転車の後ろにのせてもらった。
 よろよろっとハンドル操作を誤ったか、自転車はドブをめがけていく。
 危険を察知した姉だけ飛び降り、後ろに乗ってる私はそのまま、自転車とともにドブに落ちていった。
 通りすがりのタクシーの運転手さんが引き上げてくれて、助かりました。
 あのひとはいま……って違う番組でしょうが。
 
≪麻能/女性/26歳≫
 何故か交通事故に遭う回数がやたらに多い私…通算、4年に1回は遭っている計算になる。
 しかもいつも100:0の事故(私は全く悪くないというやられ事故)。
 1番酷かったのは、自転車で歩道を走行中、突っ込んできた車が激突し、頭を強く打った私はなんと記憶喪失に!
 これってドラマとかじゃなくて、本当に起こるんですよ!
 私、麻酔が覚めてすぐ、横にいた母に「誰?!」と言ったんです。
 そんな状態の中、同じ会社の同じクラブの人が、お見舞いに来てくれました。
 勿論私は解らなかったのですが、記憶喪失と知り、次回にポラロイドカメラを持ってきてくれたんです。
「これで来た人を撮って、名前を書いて貰えば少しでも記憶が戻るかも」って。
 実際の状態として、記憶は徐々に戻っていき、彼のポラロイドが無くてもきっと記憶は戻りました。
 でも、彼の優しさが凄く助けになり、「自分に何か出来ないかと、今出来ることを精一杯考えた」と言ってくれた優しさに助けられました。
 色々と落ち込んだり不安になったりした事もありましたが、彼の優しさが支えとなり、来年結婚することになりました。
 彼の「その時出来る精一杯の事」という気持ちがなかったら、記憶は戻っても、今の前向きの私はいなかったと思っています。
 交通事故がなかったら、彼も、きっと何も出来ないまま終わっていたと言っています。
 不幸が呼んだ幸せ、今の私の最大の支えです。
 ちょっと趣旨が違うかも知れませんが、私の心は助けられました。
--------------------------------------------
☆ひろくんさん
 切断した手が普通に使えるまでにリハビリするのも、さぞ大変だったことでしょう。
 自分が助かった体験を元に、消防局のレスキュー隊で活躍しているそうで、これからも頑張って下さい(∩_∩)
 
☆あーゆさん
 リダイヤルとはいえ、電話しようとしたとは賢いお子さんですね(・v<)
 私は……母親が風邪で寝込んでいるときに「ゴハンまだぁ?」と訊いた事を未だに「冷たいヤツだよお前は」と言われ続けてます(^_^;
 
☆むらさきいもこさん
 姉だけ飛び降りたって………、可哀相に。
 その悲惨な体験と、最後のオチに感動(?)に感動して、リップクリーム差し上げます(笑)。
 
☆麻能さん
 事故と素敵な方との出会いとは、本当に人間万事塞翁馬ですね。
 リハビリは大変だったとは思いますが、どうかお幸せに♪
 ……ところで、その後も事故に遭ったりしてるんでしょうか。それが心配です(^-^;;;


#恋人がらみで、アブナイ偏
≪のぞこ/女性/20歳≫
 彼氏に携帯メールを見られたけどちょうどあやしいメールではなく「おやすみ」メールだったのでちょうど私は助かりました。
 浮気バレタラお医者様の彼氏と結婚できなくなってしまうから。
≪MIHO/女性/28歳≫
 一人暮ししていた時、彼氏と部屋でくつろいでいたら突然親がやってきた。
 親に男の人は部屋にあげてはいけないときつくいわれていたので彼氏をベランダに隠した。
---------------------------------------------------
☆のぞこさん
 おや、結婚前に浮気ですか。まぁ、私も人の事は言えないのであえてコメントしませんが(苦笑)。
 将来、旦那さんのメールを盗み見ちゃダメですよー。犯罪になりますからね~。
☆MIHOさん
 うわあぁ、それって冬場じゃないですよね?
 私はよく、彼女の部屋に泊まると、親に踏み込まれる夢を見て飛び起きたりしました(笑)
 それと、採用通知のメールが戻って来ています。お手数ですが、投稿時の個人情報を添えて当店までメールを送って下さいm(_ _)m

--------------------------------------------------
★総評:北村 俊純
 果たして、サトちゃんのリップクリームなんかで投稿が集まるのかと思っていたのですが、予想に反して3桁台の応募がありました。
 その中から採用作品を選ぶのは大変でしたが、楽しませてもらいました。
 似たような内容の物を除くとともに、役に立つ・感動する・笑えるモノを基準にしたつもりですが、いかがだったでしょうか。
 そして、今回このような企画をやってみて、懸賞をしているサイトの裏側をちょっと覗き見た気がします。
 まず、半数が規定を満たしていない(笑)
 住所が途中までだったり、性別を選択していなかったり、さらには肝心の体験談が書いてなかったり。
 最初の頃は、うっかりかなと思ってメールで“再投稿のお願い”と件名を付けて返信していたのですが、途中で面倒臭くなってやめました。
 もしかすると、体験談を書かなかった人たちの中には「当ればもうけもん」という人もいたのかもしれません。
 世の中そんなに甘くねーぞ(笑)
 それと、サイトやメルマガの感想を送ってくれた方もいらっしゃいました。
 大変ありがたかったのですが、今回は主旨と違いましたので、残念ながら不採用といたしました。でも、本当にありがとうございます。
 さて、という訳で今回は第1回目としましたが、来週にはまた第2回目の選考を行う予定です。
 すでに応募された方、まだしていない方も、今回の採用作品を読んで投稿していただけると嬉しいです。
 また、よろしければ採用作品に対する感想やコメントを、このスレッドに続けて書き込んで下さい。
 同じような企画のテーマの提案などもお待ちしています。



『そして私は助かった』…採用者発表(第2回)
  という訳で、第2回目の採用者を発表いたします。
 前回選ばれなかった方も、今回いくつか採用させていただきました。
 採用された方には、後ほど改めてメールにてお知らせしたうえで賞品を発送いたします。
 また、全部で40個の予定でしたが、もう少しプレゼントに回すことができそうなので、第3回目も行います。お楽しみに!!

#病気や怪我偏
≪shimatsudo/男性/46歳≫
 数年前、夜一人で居ると、原因不明でおなかが膨れてきた。
 当時風邪で胃腸をやられることも多く、風邪薬を飲んでみたが全く効果無し。
 さらにどんどん、おなかが膨れてきた。留守中の妻と連絡も取れず、「最悪救急車でも呼ぶか」と携帯電話を握ったままBEDに横たわった。
 ふと便秘がちの妻が使っている強力な下剤を思い出し、1粒だけ水無しで飲み込んだら、あれよあれよガスが抜けるように、おなかが元通りに、しぼんでいく。
 「ああ、助かった。」
 でも、あれは何だったんだ。
≪ろこ/女性/40歳≫
 救急車が来て、偶然皮膚科の先生が担当だったので、犬に手を噛まれて、指がちぎれる寸前を40針近く縫い、今ではなんとか指が動くようになっている。
 もちろん後遺症は残っていますけど。。
---------------------------------------------------------
☆shimatsudoさん
 下剤を飲んでも排泄したわけではないんですよね?
 ホントになんだったんでしょう(・_・)
 不思議な体験にリップクリームを差し上げます。なんの繫がりもありませんが(笑)
☆ろこさん
 40針とは、かなり深かったんですね。
 後遺症が残ってしまったようで残念ですが、お見舞いにリップクリームをどうぞ( ^^) _¶


#助かったのは人の縁偏
≪やっくん/男性/34歳≫
 高校生の時自転車で九州を1周した最後の日。
 前日から金欠(持ち金フェリー代のみ)で食べるものといえば飯盒に残ったカリカリのご飯!!
 予約したフェリーに間に合わせるためひっしに漕ぐも向かい風!
 しかもフェリー乗り場の数十キロ手前でハングリーノックでダウン!!
 そこへなんとガソリンスタンドのお兄さんが配達の帰りに声をかけてくれ事情を話すと乗り場まで乗せていってあげるとうれしいお言葉!
 30分前に到着。ありがとうございました。とお礼を言うとななななんと1000円を!これで何かを食べな!まじめにこの時は助かった。
 速攻で食堂へ!チャーハンをほおばりながら、あっ名前聞いてなかったと後悔!
 でも本当に助かったテンテン。お兄さんありがとうです。
 
≪sawa/女性/17歳≫
 私が初めて電車に一人で乗った時・・・。
 すっごく緊張してきちんと目的地につけるかドキドキしていたんですね。
 迷わないように迷わないようにと思ってたんですが、やっぱり迷ってしまって;;
 どこか知らないところに出てしまったんですよ。
 すっごく心細くなって泣いていたら、駅員さんが声をかけてくれて・・。
 子供が一人でうろうろして泣いてたら声かけるの当たり前なんですけどね(笑)
 それでちゃんと目的地に着くことができて・・あの駅員さんのおかげでホント助かりました。
 すっごく心に残っている出来事です。
 
≪まみー121/女性/46歳≫
 今から28年前、運転免許を取り立ての私は、友達の家に愛車で向かいました。
 友達の家は田舎で、田んぼ道を走るしかなかった。
 もうお分かりでしょう。落ちました。田んぼに。そして・・・。
 田舎の人は親切です。10人の知らない人が、私を助けてくれました。
 愛車も助けてくれました。しかもお咎めナシ。謝礼ナシ。
 エガッタ、エガッタ。
 
≪ujita/女性/37歳≫
 私を助けてくれたのは今の主人です。
 前の夫との離婚がなかなか成立しないまま、前の夫の700万の借金の保証人になっていた私は、取立てに追われ・・・やっとの思いで離婚できたと思ったら今度はストーカーに怯え、警察に駆け込んだけれど、その相手に警告するまで時間がかかりホテル住まい・・・。
 仕事にも行けない程のひどいストーカーに遭い、身も心も疲れ果てていました。
 ・・・でも、いつも諦めずに前に進む事を教えてくれて、いつも支えてくれていたのが今の主人です。
 結婚まで、時間がかかりましたが私を救ってくれ、この幸せをくれました。
 
---------------------------------------------------------
☆やっくんさん
 高校時代に九州を自転車で1周ですか。そして良い出会いもされて、貴重な経験をしましたね(⌒▽⌒)
 私も中学生の頃に、道に迷って途方に暮れた時にヒッチハイクさせてもらった事があります。
☆sawaさん
 某番組の『初めてのおつかい』みたいですね。無事に目的地に着けたようでなによりです。
 私は初めて1人で乗り物に乗ったのは、確か小学校1年生の時のバスでした。
 やたらと楽しく思えたのを覚えています。乗り間違えたのに。
 泣かないと迷子には見えませんから、自力で乗り換えました(笑)
 
☆まみー121さん
 田んぼに落ちたのは昼間でしょうか。助けてもらえて良かったですねぇ。
 謝礼も必要なくて良かったですねぇ(笑)
☆ujitaさん
 大変な苦労をされたようですが、今は幸せなようで良かったです。
 私の父も、愛人作って5000万円の借金を残して行方知れずになったなぁ……と遠い目( ・_・)


#おかげさまで生きてます偏
≪えっちゃん/女性/27歳≫
 産まれて間も無い時、母と同じ病室で寝ていた私に異変が。
 唇が、紫色になっていました。
 それを見つけたのが、父です。
 その異変に気付き、先生に知らせた所、後、1時間遅ければ、この世に存在していなかったそうです。
 父のおかげで、今の私がいる、助かりました。
≪サトchan03/女性/17歳≫
 私は、生まれるときが首にヘソノウがすごくからまっていたらしい…..。
 そのため息をまったくしてなくて医者が大変あせっていたようです。
 
≪花梨/女性/16歳≫
 私が小学生だったとき、運動会の前の日にものすごい大雨が降ったんです。
 当日は晴れたのですが、どうやら雨の影響もあり、元々腐りかけていた道端の木の太い枝が突然登校中の私の目の前に落ちてきたんです。
 そのとき私はたまたま自宅の近くを歩いており、忘れ物に気付いた母が私を呼び止めたおかげで木の枝は私の目の前で落下し、私は助かりましたが、もしもあの時・・・と思うと今でもぞっとします。
 
≪にゃんみ/女性/13歳≫
 私は首を絞められている夢を見ました。
 そして、翌日その話を母にすると母は信じられないことを言ったんです。
「それホントよ。」
 なんと母がいうには、私は寝ぞうが悪く、夢を見ていたときに、近くにあった電気の延長コードがいつのまにか私の首にぐるぐる巻き付いていて、そこを母に発見されたそうです。
 夢ではなく現実だったなんて・・・。
 もし、誰にも気付かれていなかったら、本当に夢の中で死んでいたかもしれません・・・。
 
≪takataka/女性/25歳≫
 私が小学生のとき、大涌谷に家族旅行に行きました。
 そこでは有名なゆで卵があるのですが、私はそのゆで卵を喉に詰まらせてしまったのです。
 がしかし、そこには飲み物の販売機はなく、売っているのははるかかなた・・・。
 私は死を覚悟しました。こんなことで死ぬなんて。
 父親はそんな私を見て「お前は黄身だけを食べたんだろ!!ゆで卵は、黄身と白身を一緒に食べないといけないんだ!!」とどなり、それを見ていた心優しい人に、ジュースを頂き、助かりました。
---------------------------------------------------------
☆えっちゃんさん
 いったい何があったのでしょうか。チアノーゼまでにはなってなかったのかな。
 気がついたお父さん偉いです(⌒▽⌒)
 
☆サトchan03
 なぜ「03」という番号がついてるのかが気になります(笑)
 息をしていなかったら、そりゃあ、お医者さんも焦ったでしょうね(^_^;
 
☆花梨さん
 文の出だしで「雨で運動会が中止になって助かった」というネタかと思いました(苦笑)
 危ないところでしたね。呼び止めてくれたお母さんに感謝(・v<)
☆にゃんみさん
 夢の中では、誰に首をしめられていたんでしょうかねぇ。考えると夜も寝られません( ̄▽ ̄)
 無事に目覚める事ができて良かったです。
 寝相が悪いという事ですが、もしかして起きると枕が足元にあるなんて事もしょっちゅうでしょうか?
 
☆takatakaさん
 小学生の時に「こんなことで死ぬなんて」と思ったというtakatakaさんにも、理不尽な叱責をするお父さんにもウケてしまいました。
 黄身と白身を一緒に食べるって、もし丸呑みしたら余計に危ないですよねぇ(笑)


#それはちょっとアブナイかも偏
≪masamasa/男性/31歳≫
 風邪をひいたとき、マムシの干物を煎じて飲んだら直った!すごいでしょ!
 少し生臭いけどね。味のない干物の骨みたい。
 
≪kt2002/女性/48歳≫
 幼稚園の時、〔昭和30年代)お医者さんに反対されながらも扁桃腺の手術を母が無理に頼んでしてもらってくれたおかげでそれから・熱も出なくなりとっても元気な子になれた。
 今も近所に住んで色々助けて心配してくれます。親とはとてもありがたいです。
 母も昨年大病を患い大きな手術をしました。出来るだけ顔を見せるのが親孝行と思い行くようにしています。近所でありがたいです。
 
≪adunomame/女性/42歳≫
 平均台から落ちて頭を強打。意識がなかったが先生のビンタで気がついた。
 ホホは腫れ友人は引いていた。
---------------------------------------------------------
☆masamasaさん
 マムシやハブの肉を食べて体温が上がるのは、肉の中の毒成分で血管が炎症の状態になるからだとか。
 ふだんから体力の無い人は、ウチの地竜(ミミズ)をヨロシクという事で(笑)
 マムシの干物は味のない干物みたいなんですか。ちょっと興味あるなぁ。
 ちなみに、ミミズは茹でると伸びたうどんみたいだそうです。試した事はありませんが。
 
☆kt2002さん
 扁桃腺は体内に細菌が侵入するのを防ぐ役割がある一方で、まれに細菌の巣になってしまう場合があるので切除するかどうかの難しいところですが、その後の体調は良かったようでなによりです。
 扁桃炎の起きる間隔が2ヶ月以内というのが、手術の要否を決定するひとつの目安となっているそうです。私のような虚弱体質の場合は、逆に取ると危ないかも(^_^;
 手術をされたというお母さんを大切になさって下さい。
☆adunomameさん
 頭を打っているのに、先生はビンタで起したんですか。こ、怖すぎる( ̄▽ ̄|||
 普通は、ひとまず動かさないで声をかけて、目を覚ましてもすぐに起さないようにしましょう。
 なんにしても無事で良かったのと、友達に引かれたという不幸(?)な境遇にプレゼントを差し上げます。


#一歩間違うと曲芸偏
≪わんきち/女性/33歳≫
 河口湖でサイクリングをしていた時、スゴイ坂道で周りの景色に目を奪われ、舗道をそれてしまい後輪が宙に浮き私の体も宙に浮き、次の瞬間には道路に倒れていた。
 車が少ない道だったので、ひかれずに済んで助かった。
 
≪natue/女性/28歳≫
 車の窓によりかかってねてたら高速道路で突然ドアがあいた!
 半ドアだったらしい。姉がとっさにおさえてくれた。死ぬとこでした。
---------------------------------------------------------
☆わんきちさん
 それでキレイに着地できれば10点満点だったんですがねぇ(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)←マテ
 自転車のサドルが頭に落ちてこなくて良かったです(笑)←第1回目の“#ああ、悲惨(?)偏”参照。
 
☆natueさん
 高速道路でハコ乗りは怖いですねぇ。スリル満点です。
 命があって良かったですね。
 そう言えば、日本では教習所ではドアをロックするように教えられますが、ドイツなどではロックしてあって交通事故に遭うと保険金の支払いが減額されるのだとか。
 理由は、事故車両から救出するのを自ら困難にした事になるからだそうです。
 とりあえず、半ドアになっていないかの確認は必ずしましょうね。


#まったり平和(?)偏
≪たむたむ/男性/22歳≫
 中学生時代、部屋で友人KとHなビデオを鑑賞しようとしていた。
 ・・・そのとき!ドアがガチャリ。入ってきたのは母親。
母:「K君、何かえ、そのビデオは!」
K:「おばちゃん、これプロレス、プロレス。汗。。」
母:「男と女のプロレスかえ!」
 そして私は助かった。・・・??
≪ゆみごん/女性/24歳≫
 新聞の集金にこられてるとき、手持ちのお金がたりない!!しかしそのとき郵便屋さんが。なんと現金書留です。
 懸賞で現金5000円が当たったのです!!
 そのまま新聞代の支払いに使いました。
 
≪ノム/女性/36歳≫
 車の免許をとりたての頃、スーパーの前で車をバックさせたところ、路上駐車していた車にぶつかってしまいました。
 が、運良く誰も乗っていなかったのであわてて逃げました。
 あぁ~助かった・・・・。
≪みるく/女性/22歳≫
 卒論の発表の順番が3番目だった私。
 なのに、全然発表内容を考えてなくって、絶対何もしゃべれない!とあせりながら、順番はやってきて。。。
 すると、なぜか私のパソコンの状態がおかしくなってしまったのです!
 結果、私は最後に回され、6時間も発表練習ができました。
 そして私はうまく発表ができました。ホント助かったって感じです!
---------------------------------------------------------
☆たむたむさん
 あははははは、それはもうバレバレでしょうね(⌒▽⌒)
 あれじゃないですか、ベッドの下にエロ本を隠しておいたら、いつのまにかキレイに整理整頓されていたなんて事はありませんでしたか(苦笑)?
☆ゆみごんさん
 小さな運がついてる感じでいいですねぇ。
 今回は、木枯らしで唇が荒れそうだなぁというタイミングでリップクリームが到着するといいかな。
 
☆ノムさん
 そ、それは犯罪ではσ(^◇^;)?
 今は大丈夫ですよね~?
 そう言えばアメリカに行った時に、スーパーを出入りする車がガンガン周りの車にぶつけながら誰も気にとめてなかったのがカルチャーショックでした。(15年くらい前の話ですが。)
☆みるくさん
 パソコンの状態がおかしくなるというと、大抵は作業が最後の追い込みというような絶妙なタイミングで起こって苦労させられるものですが、そんな事もあるんですねぇ。
 運は大切に使って下さい(笑)

--------------------------------------------------------
総評:北村 俊純
 引き続き多くの投稿をいただきありがとうございます。
 相変わらず、体験談を書かないで送ってくる人がいるんですが(笑)
 こういう投稿モノでは、文章力というほどの事はないのですが、書き方の工夫も重要な要素のように思いました。
 同じネタでも、文章の前後関係を入れ替えたり、同じ事柄を別な表現にしたり。
 “作品”として成立させるようにすると良いようです。
 それと、「助かったという体験が無い」という投稿も何件かありました。“面白い”表現で書いてあれば、採用しても良かったのですが、残念。
 このような投稿企画は、またやってみたいと思いますので、機会がありましたら、今回選に漏れた方もよろしくお願い致します。


『そして私は助かった』…採用者発表(第3回)
 第3回目の発表が遅れていて申し訳ありません。
 詳しい、言い訳はコチラです(^_^;)
 http://blog.mag2.com/m/log/0000109927/75878650
 という訳で、今回が企画最後の発表となります。
 当初は、プレゼントは40個限定のつもりだったのですが、予想以上に投稿がありましたので、あと20個増やしました。……正確には、一度店頭に並べた物を値札をはがしてプレゼントする事にしました(苦笑)
 ではでは、お楽しみ下さい(・v<)

#旅行先編
≪いく/男性/30歳≫
 あれは小学生の頃だった。
 夏休みにカナダに行ったとき、蚊に数十箇所刺されたのが原因でそこにばい菌が入り足がぱんぱんになるまで腫れてしまった。
 トイレに行くのも這っていき、病院に行くもの母に付き添ってもらった。
 病院では腫れが引かなければ足を切断するなどとおどされ、足を切られるくらいなら死にたいとさえ感じた。
 3週間くらいたって腫れが引いてきて、皮がぽろぽろとむけ始めた。
 ちゃんと療養したおかげで、治ることができた。後から聞いた話、足を切断しなかったら、全身にばい菌が回って、死ぬ確立さえあったそうだ・・・。
≪dcfire/男性/30≫
 タイでブルネイ人にホテルで拉致されて、一瞬のスキに2階の窓から抜け出して帰ってきた。
≪fucchi/女性/42歳≫
 新婚旅行でパリに行ったとき生牡蠣をたくさん食べ過ぎて食中毒になった。
 帰りの飛行機で発熱と嘔吐の繰り返しで帰国後速攻、入院した。外国での病気は本当に不安になる。
-----------------------------------------------------------
☆いくさん
 大変な体験をされましたね。
 日本では蚊に刺されるくらい大したことないと思われがちですが、海外に行った時には致命傷になりかねません。
 これから行く人も、虫よけや虫刺されの薬は必需品ですよ(・v<)
☆dcfireさん
 ((( ;゜Д゜)))))ガクガクブルブル
 無事に帰ってこれてなによりです。
☆fucchiさん
 新婚旅行先で食中毒とは災難でしたね。
 私は旅行に行く時には、ウェストポーチいっぱいに薬を抱えていきます(^_^;)
 外国に行く時には、あらかじめ翻訳したカードを持ち歩くと良いようです。


#運命の分かれ道偏
≪にゃむ/男性/30≫
 車好きでモータースポーツにまで足を突っ込んでいた私は、夜な夜な練習に山へ出かけることがありました。
 そんなある日、飲酒運転の検問で免許証確認の後、お巡りさんが脇に寄せろと言うのです。前照灯の片方が切れていたんですね。
 お巡りさん曰く「対向車のいない時はなるべく上向きで気を付けて行って下さいね。」
 私はおもむろに車を降りボンネットを開け、電球の交換をし確認を求めました。改めて曰く「用意のいい位の人ばかりなら、事故ももう少し減るんだけどね!」
 けっして新しくない車に乗っていた私は、さらにある晩、山に向かっていると、どうしたことか両方のヘッドライトの電球が切れてしまいました。
 片方の電球が切れるともう片方も切れ易いんですね。
 ラリーをやっていて夜の山道を走りなれている私のこと。電球なしでも道からはずれない程度には走る自身がありましたが、対向車がもしきたら、人や鹿や猪なんかいたら、ぶつかるかもしれません。
 当然懐中電灯は持っていましたし、窓から手を出し、懐中電灯で照らして走った事もありました。でもその時は私一人1台きり。自宅からは1時間位、山道に入ってからも30分は走ったでしょう。今なら携帯電話で救援を求めるところでしょうか?
 かつての経験から電球の予備が積んであり、交換して一難を逃れました。
 新品の電球は切れ易い時があります。切れなくても1~2年すると少しづつ暗くなります。切れずにも交換したものを1セット予備で持っていると助かります。
 もっとも、今時の車はなかなか壊れることはありませんが・・・。
≪ヒゲ/男性/45歳≫
 命拾いしたというと、大概自動車事故が多いです。 
 車が半壊するほどの事故も何回かありましたが、不思議と無傷で済んでいます。
 例えば、急カーブをなぜかノンブレーキで突っ込んでそのままスピン。迫るブロック塀を横目で見ながらなんとか立て直したと思ったら勢いで対向車に激突。スローモーションでフロントバンパーが飛んでいくのが見えました。車はフロントの右半分が露出するほどでタイヤもパンク。動くこともできない状態でしたが、運良くぶつかった車がゴミ回収車で運転席が上の方だったため相手にもけが人無し。
 かと思えば、居眠り運転で緩いカーブを曲がったらしく(記憶にない)縁石にぶつかった衝撃で目が覚めました。反動で対向車線を横切って反対側の縁石にぶつかって再び元の車線に戻った瞬間、対向車が連続でブンブン走ってきました。ちょうど一人で右左とフラフラしていた時は運良く対向車が1台も来なかったんです。
 他にも交差点を横切った瞬間、その先の路地から車が1台出てきて、2車線の道路を完全に封鎖。相手は左の車ばかり見ていて私に気がつきません。スピードもかなり出ていたのであわてて急ブレーキかけましたが、無事なんとかスピンせずに出てきた車の路地に突っ込むことができました。頭にきたのでそのままバックしてその車を追いかけましたが逃げられた・・・。
 まだまだ話はありますが、事故というのは自分の不注意とかなりの偶然性があると思います。
 ただ、どれもちょっと間違えば命取りになる状況なので、これで「助かった」という人もいるでしょうけど、私はそうは思いません。
 本当に助かっているのは気付いていないのではないでしょうか?
 そこへあと数秒来るのが遅かったらぶつかっていた・・・などという場合もあると思います。
 でも、そのことを本人はまったく気がついていません。
 ですから、今日も無事でいられたことに感謝する人もいません。
 本当はそれが大事なような気もするのですが・・・。
 事故ばかり起こしていた私ですが、子供が産まれてからすでに13年。無事故無違反で今やゴールド免許となっています。少しは落ち着いたのかな?
------------------------------------------------------------------
☆にゃむさん
 自信があっても、あえて危険な選択をしないのは良かったと思います。
 現在でも携帯電話は山間部では通じなかったりしますから、やはり“備えあれば憂い無し”ですね。
 新品の電球は切れ易い事があるというのは知りませんでした。私も気をつけようφ(..)
☆ヒゲさん
 良く生きていたと本当に不思議で(^_^;)
 それも怪我はされてないようでから、すごい運の強さです。
「本当に助かっているのは気付いていない」というのは、蓋(けだ)し名言ですね。


#強運偏
≪popo/男性/36歳≫
 バイクで派手にこけたのに・・何故か無傷でした(^^;
 誰かに守られてる気がしましたが。。。気のせいでしょうか?
≪バイカーさん/女性/27歳≫
 3年前軽トラックに乗っていて川沿いを走っていました。
 ふっと目を反らした瞬間突然犬が飛び出してきて、避けようとハンドルを切ったら電信柱に激突!!
 気が付いたら電信柱が膝の間にあったんです。もうびっくりして唖然。
 もう少し速い速度で突っ込んでいたら確実に病院行きになっていました。
 幸い怪我一つなく車の損壊だけですみました。
≪わんわんひろこ/女性/30歳≫
 3歳のときにマンションの3階のリビングの窓から落ちました。しかし下に駐車していた車のボンネットに落ちたために死にませんでした。
≪みかめ/女性/35歳≫
 子供のころ田んぼで遊んでるときキレイな鬼百合の花を見つけその花を取ろうとしたらマムシにかまれたのです。
 ちょうど泣き叫んでるときに車がとおりかかり病院に運んでくれて助かりました。
≪ぷりんまん/女性/24歳≫
 車で事故をした時のこと。
 お酒を飲みながら運転していた酒乱の友達。。。
 だんだんと様子が変わってきて、100キロ140キロとだんだんとスピードが上がっていきました。
 だんだん怖くなってきた私の頭の中に、ぶつかる!!! なぜかそんなことが。。。
「ブレーキ!!」叫ぶ私。ブレーキ音。次の瞬間、ドーンという鈍い音と、ものすごい振動。
 車はもちろん廃車。私は無傷でした。今考えるとゾッとします。
 もしあのとき、ぶつかるということがわからなければ。。。
----------------------------------------------------
☆popoさん
 守られているんでしょうかねぇ。
 背筋が寒かったり、肩が重かったりしませんか(笑)?
☆バイカーさん
 電信柱が膝の間にあった、ってすごい衝撃じゃないですか(^-^;;;
 それでも、怪我が無かったとは。
 よそ見は気をつけましょう。
☆わんわんひろこさん
 ニュースでたまに見かける事故ですね。子供は何をしでかすか分からない。
 無事でなによりでした。
☆みかめさん
 ちょうど車が通りかかったというのは、運が良くてなによりです。
 マムシに咬まれた時には慌てないのが大事だそうで(そんな事できるかという気もしますが(^_^;)、走ったりすると血の巡りが良くなって毒が早くまわってしまうのだとか。
 咬まれた部分から1関節中枢部分(身体に近い方)を駆血する(縛する)のが、最初にする事だと覚えておきましょう。
☆ぷりんまんさん
 お酒を飲んだ人に運転させちゃいません( ̄▽ ̄|||
 きっと、脳の中の知識としての記憶がフラッシュバックしたんでしょうね。
 人体の神秘♪


#Myヒーロー偏
≪yuko/女性/20歳≫
 車にひかれそうになり、見知らぬ小父さんが、走って来て助けてくれました。
 幸いにも、小父さんも私も無事で良かったですが、その人に「有難う御座いました」と言った後、すぐ行ってしまいました。私の命を助けてくれたMyヒーローです。
≪まんせー/男性/17歳≫
 小学校の頃、忘れ物をしたが偶然母親が学校に来ていたので、取りに行ってもらい助かりました。
≪ドンちゃん/女性/25歳≫
 夜、台所に行くと一匹の大きなゴキブリが。。。!!(私は大のゴキブリ嫌い!!)
 殺虫剤もない。どうしようかと思っていると、母が新聞片手にやってきて、ゴキブリを一撃でやっつけてくれました。
 そして私は助かりました。。。
-------------------------------------------------------------
☆yukoさん
 おおっ、それはまさしくヒーローですねぇ。カッコイイ(⌒▽⌒)!!
 やはり後姿がまぶしかったりするのでしょうか?←違
☆まんせーさん
 このカテゴリーに入れるのもなんですが、良かったですね(笑)
 私は図工の道具を忘れた時に、ウチのお店が小学校の近くなので取りに行った事があります。
☆ドンちゃんさん
 ヒーッ、ゴキブリーε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
 私は、ゴキブリが飛んできた記憶が鮮明で、以来完全にダメです。


#修羅場回避偏
≪JACK/男性/50歳≫
 昔の彼女と会っているときに今の家内が偶然にも同じ場所にあそびに友人ときていたが見つからなかった。
≪さとこ/女性/36歳≫
 昔、ドライブ中に彼氏とひょんなことでけんかになりそのまま山中で車から下ろされそうになった、私は所持金1000円もなく、携帯電話も持っていなかったがなぜか全くあせらず、その様子にかえってびびった彼はそのまま話題を変えて無事自宅に戻った、あとで考えてイヤな女の態度だったのに反省したが助かった思いがした。
--------------------------------------------------------------
☆JACKさん
 おや、若かりし頃の話じゃないようですね。
 しかも、かなりアブナイと自覚している相手でしょうか。
 そういう偶然も怖いですが、私は結婚前に、今の奥さんと浮気相手のIちゃんと、同じ日の同じ場所で同じ時間に待ち合わせして鉢合わせした事が………(^-^;;;
☆さとこさん
 ああ、男は女性に強い態度に出られると逆にビビルかもしれませんねぇ(苦笑)。
 ケンカの原因は分かりませんが(たいてい覚えてない程度の事でしょうが)、無事に帰れて良かったです。


#子供を生むのは大変偏
≪ぱぱぱんだ/女性/35歳≫
 忘れもしない、今年の1月、2人目を出産した時のことです。
 陣痛促進剤を使ったのですが、1人目と違って、あまりにも早く陣痛が来てしまい、とにかくトイレに行きたくなったんです。
 助産婦さんに、「トイレに行きたいのですが。。。」というと、「そんなことはないわよ。赤ちゃんが降りてきてるのね。すぐ分娩台へ。」と言われ、脇をかかえられながら、分娩台へ。そして、その5分後、無事出産。もしあの時、トイレに行ってたら、きっとトイレで産んでいたでしょう!!
 あの助産婦さんのおかげで、ほんと助かりました。
≪だの/女性/33歳≫
 わたしは一時激やせをして、生理が止まってしまいました。
 何年も生理下不順で子供もできるか心配でした。
 でも、漢方を薦められ5年間飲み続けたらくるようになりました。
 子供も産むことができ私は助かりました。今では三人のママさんです。
≪みんと/女性/52歳≫
 20年前の話しですが、子宮のくぼみに妊娠してて8ヶ月めに子宮破裂を起し死の1歩手前まで行きました。夜中にトイレで倒れ口を利くことも動く事も出来なくなり1時間位その場にいました。
 主人が気がついて懸かりつけの病院に背負って連れていってくれ、病院の先生が総出で助けてくれました。5000ccも輸血しよく生還したなといまでも思っています。
----------------------------------------------------
☆ぱぱぱんださん
 トイレで出産!?Σ( ̄□ ̄;)
 なんて事にならなくて良かったですね~。子供のトラウマになってしまったかも(苦笑)。
☆だのさん
 おや、どんな漢方薬を使っていたのでしょう。
 今は3人の子供に恵まれているようで、良かったですね(^-^)d
☆みんとさん
 子宮破裂とは、また大変な経験をされましたね。無事で何よりです。
 旦那さんに背負われて病院に行ったようですが、私はウチの奥さんは抱えられないなぁσ(^◇^;)。


#臨死体験しました?偏
≪tamukichi/男性/36歳≫
 子供のころに乗馬中に馬から落ちたことがあります。
 落ちた後、なぜか周りの人の声がはっきりと聞こえたことをおぼえています。自分自身は失神しているのに・・・その後眠るように記憶もなくなって気がついたら、病院のベットの上でした。
≪矢塚池太/男性≫
 小学生の頃の話。
 その日は、夏休みにしては気温も水温も低い日だったのでしょう。
 父の運転する車で小一時間揺られ、会社のプールに連れられた小学生の自分が、我慢できるはずもなく。
 水着に着替えるなり、プールの縁から水面にジャッボーン。
 ふっと、水面に顔を出すなり、息苦しく、耳がヘンな聞こえ方がするのに気づき、すぐプールを上がりました。
 心臓が止まっておりました。
 慌てて、息を過呼吸気味にはじめてしばらく……ナントカ無事に生きております。
 動き始めるなり、心臓はバクバク言うし、顔や耳はジーンと熱くなるし。いい経験をしたもんです(笑)。
-------------------------------------------------------------
☆tamukichiさん
 人間が死ぬときに最後まで活動を続けている感覚器官は耳だそうですから、気を失う時も同じなんでしょうね。
 お花畑を見るまでには至らなかったようで、良かったです。
☆矢塚池太さん
 いきなりプールに入ってはいけないという教訓ですね(苦笑)
 これはぜひ、他の人たちにも教えてあげて下さい(・v<)

-------------------------------------------------------------
総評:北村 俊純
 あまりの投稿の多さに、プレゼントの数を増やして採用作品も増やしてみましたが、いかがだったでしょうか。
 その間にホームページの引越しがあり、後になってから「この企画引越し記念にしておけば良かった(汗)」思ったりしました。行き当たりばったりで、すいません(^_^;)
 通して見ると、まさに命拾いで人生観が変わったんじゃないかという事から、「それだけかい」というくだらない事まで幅があって面白かったです(笑)。
 このような企画は、また思いついた頃にまたやりたいと思いますので、その時にはヨロシクお願いします(・v<)……やっぱり、行き当たりばったり。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!