目の回った1日(@_@)

 うっかり安請け合いして、今日は大変。
 奥さんが仕事で、次郎の面倒を見たうえ、某総会に出席しなければならない。
 朝は、次郎に朝食としてブルーベリージャムを塗ったパンを食べさせた。
 そして、実家に送り届ける。
 雨の中で、次郎を連れて歩くのは大変。
 私も子供の頃はそうだったけれど、とにかく水溜りに気を取られるので。
 病床のお母んに次郎を預けて、引き受けた仕事先へ向かう。
 道に迷って、スクーターで右往左往してしまった。
 落ち着いて考えれば、以前に来たことのある場所だったのに、慌てて冷静な判断が出来なかった。
 仕事の帰りも、物の見事に道に迷った。
 だいぶ遠回りして、実家に到着。
 予定より30分も遅れている。
 次郎を連れ出して、バスに乗った。
 バスのオモチャを持っている次郎は、バスに乗れて興奮気味。
 バスから電車に乗り換えて、次郎の興奮も最高潮(笑)
 珍しく、椅子に座りたがらなかった。
 曰く、「ひとえきだから、すわらなーい」と。
 3駅なんだけどな(笑)
 昼食に何を食べたいか次郎に訊いたら、マクドナルドという返答だったので、総会はすでに始まっているけれど、マクドナルドに向かった。
 でも、途中の噴水に気を取られて大変。
 人工の小川の中に、バシャバシャと入ってしまうし。
 雨の中で。
 奥さんなら絶対に止めるだろう。
 マクドナルドでプチパンケーキとサラダを食べたら、「ねむくなっちゃった」とか言ってゴロゴロ。
 隣の席の女子中学生らして女子達に、「かわいいー」とか言われてた。
 総会の会場に到着し、次郎を託児所へ預けた。
 ズボンが、さっきの小川で濡れていたため履き替え。
 総会会場に入ると、広報部員のSさんが近づいてきて、それまでの経緯を説明してくれた。
 私が報告すべき内容も、Sさんが述べてくれたらしい。
 ありがとうございます。
 次年度の基本課題案について、意見を発言しておいたけど、出席者の皆に、どの程度理解してもらえたか。
 とにかく、前年度の活動のまとめなど、内部で検証しただけで、外部の目が無いのが私には不安材料だ。
 次年度の活動のまとめの時には、外部からの検証もしてもらうべきだと思う。
 予算の議案が、予想より長引き途中退席。
 なんだか、気分的にも中途半端で、やな感じ。
 やはり、突発の仕事を引き受けるべきではなかったかも。
 でも、Y氏が風邪で倒れたのは、フォローしたかったしな。
 自分が休むときには、誰かしら代わってくれてる訳だし。
 託児所に次郎を迎えに行ったら、『ヤッターマン』の歌を歌っていた。
 それでいて、人が話しかけても返事をしない。
 なんなんだオマイは。
 でも、それなりに楽しかったらしい。
 後で訊いたら、お医者さんゴッコをしたとか。
 次郎のお医者さんゴッコは、現代的なのか、パソコンの操作をする真似をして「かぜですねー」とかやるんだよね。
 帰りも、電車とバスを乗り継いで、次郎は楽しそうだった。
 バスの中で、私の弟を見つけて、バスを降りてから「おじちゃんー! おじちゃんー!」と呼びかけたものの、弟は気づかずに先に行ってしまった。
 それを雨の中、走って追いかけた次郎は、実家の玄関に着いたら、疲れたのか玄関先で寝てしまった。
 私は、残りの仕事をこなしに、また出かけた。
 出かけた先で、仕事に遅れが生じて困った。
 その遅れで、1件がキャンセルに。
 しかも、その後も、お客さんの都合でキャンセルになった。
 忙しかった割には、見入りにならず、精神的にも疲れた。
 いったん家に帰って、報告書を作成。
 奥さんからはメールで、『香月』にラーメンを食べに行きたいと入った。
 そういや、そんな約束をしていたような。
 とりあえず、仕事をくれた事務所に報告書を届けに行った。
 報告書はコピーを取らなければならないため、予想よりも時間か掛かってしまった。
「遅くなる」と奥さんにメールを入れたら、次郎が寝てるという返事。
 あれからずっと寝てるのか?
 事務所を出る時に、改めて奥さんにメールした。
 実家に着くと、次郎が寝ていた。
 でも、次郎を届けた直後には起きだして、『ハウルの動く腰』………もとい、『ハウルの動く城』を観ていたそうな。
 奥さんも、早めに次郎を起こしてくれれば良いのに。
 事務所を出る時にメールしたのは、そのためだぞ。
 22時も過ぎてから、ラーメン屋に到着。
 カレーチャンポンなる物を食べた。
 生ニンニクを入れたらね次郎が「くさいくさい」と言っていた。
 奥さんが、お腹が空いていたようで、イタ飯まで追加。
 ブタになる訳だ。
 ビールを飲んだので、スクーターは押して帰ることに。
 次郎には、「びーるのむから、いけないんですよ」とか言われた。
 ナマイキな。
 ゲンダイネットに、江東区で起きたOL殺人事件に関して、無理矢理な記事が載っていた。
 容疑者が親しい知人に、「2次元の女にしか興味が持てない」と漏らしていて、エロゲームにのめり込み、バーチャルな女性との疑似恋愛しかできない男だったという話から、容疑者は「現実とバーチャルの狭間を見失った“危ないオタク”の犠牲者なのか。」と結んでい。
 この記者には、記憶力というものが無いのか?
「2次元の女にしか興味が持てない」と言っていた容疑者が、どうしてあ3次元の女性に手を出そうとしたのかの方が、むしろ疑問だろうに。
 ゲームの影響と結び付けようとする記者の方こそ、「現実とバーチャルの狭間を見失った“馬鹿なマスコミ”の犠牲者」のように思える。


≪育児日記≫
 今日は、旦那に急な仕事が入って、実家に預けられたり、旦那の入ってる旦那の総会に連れ出されたりで、忙しかったようです。
 でも、本人は楽しかったみたい。
 人工の小川に入ったらしく、ズボンがビショ濡れでした。
 私なら絶対入らせないのに。
 夕飯は、白いご飯だけ食べてました。
 寝る前には、恒例になったのか、旦那に毛布で包まれて、グルグルと回してもらっていました。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート