死んだら反論できないから嫌

 今日は、半休。
 あんまり半休って好きじゃないんだよね。
 なんだか、落ち着かなくて。
 でも、バイト代が出るから。
 午前中は、遅めの朝食を食べてから、ネットの作業を進める。
 テレビでは、東京都江東区潮見のマンションで、女性会社員が行方不明になった事件で、住居侵入容疑で逮捕された同じ階の派遣会社員が殺害したとされる事件のことをやっていた。
 容疑者は、「殺害して遺体を小さく切り刻み、骨も砕いてトイレに流した」と供述しているらしいけど、ホントか?
 トイレなんて、うちの4歳の子がしたウンチでも詰まるぞ。
 部屋に、業務用のジューサーとかがあるならできるかもしれんが、骨を砕くのにハンマーを使ったとかって、音が階下に響きそうだけどな。
 最上階には、被害者(と姉)と容疑者しか住んでなかったそうだから、臭いはバレなかっとしても。
 もし、本当に遺体を解体して警察が来る前に処理していたとしたら、えらい手際が良いな。
 被害者の姉から捜索願が出された翌日には、警察が各部屋を訪ねていたようだし。
 もしかして、未解決の殺人事件とかで、前に経験があるんじゃないかね。
 よく遺体の解体で失敗するのは、骨をノコギリで切断しようとして、予想外の硬さに疲労して途中で挫折するからだという話もあるし。
 骨はやっぱり、折らないと駄目なんだと。
 経験者の話によると。
 警察は今回の供述を受けて、配管なども調べてるそうで、大家さん涙目だろうなぁ。
 地元の殺人現場になったアパートも事件後に、ほぼ空っぽになってしまって。
 まぁ、あっちは管理会社が以前に起きていた侵入事件を住民に隠していたのが次の殺人事件を防げなかった要因の1つでもあるから、自業自得だけど。
 むしろ今回の事件で、マンションのオートロックなんか防犯上の効果に疑問があるのが分かったんじゃないか。
 今までにも、やっぱり同じマンションの住民が殺人の犯人だったとか、空き巣の犯人だったとかがあった訳で。
「いつも気をつけましょう」という、当たり前の話にしかならない。
 午後に、広報部会に出席。
 今日が今期最後の部会でもある。
 でも、Sさんは子供が風邪を引いたとかで欠席し、全員揃わなかったのは残念。
 とりあえず、私も今期で広報部長を降りるんで、1つ手が空くことになる。
 この空いた手で、何ができるかなー。
 夕方から仕事で事務所へ。
 書類が見つからなくて、ちょっと焦った。
 滞りなくできて、予定より早く帰れた。
 なもんで、夕飯を食べてから、奥さんがレンタルしてきていた『トレジャーアイランド』という映画を観た。
「盗まれた美術館の絵画から見つかった古い地図はコロンブスが隠した財宝のありかを教える宝の地図だった…。悪の傭兵部隊とトレジャーハンターの秘宝を巡る対決を描いたアドベンチャー。 」というのが、後で知った作品のあらまし。
「悪の傭兵部隊」って、なんだよ(笑)
 出てきたのは、仕事の内容と銭勘定を冷静にしている人で、別に“悪”ではなかったぞ。
 それは別にして、売れなかった理由は良く分かる。
 最初は刑事の2人組の活躍で始まって、てっきりこのコンビで話が進むのかと思ったら、相棒はアッサリ殺されて退場。
 警察内部に敵が居て、こいつと最後に対峙するのかと思ったら、勝手に事故で死亡。
 主人公と仲の悪い兄貴が居て、兄弟の確執を描くのかと思ったら、再会した途端に仲直り。
 王道を外したかったのか、ことごとく期待を裏切ってくれちゃって。
 それでいて、張った伏線をちゃんと回収してるもんだから、B級映画に堕落することもできない中途半端さ。
 主人公が敵に道案内された時に、咄嗟に古いコインを地面に落として、「この辺りに宝が隠されてる証拠だ」って言い逃れるシーンとかは好きなんだけどな。
 宝を見つけたところで、バッサリと終わる潔さも。
 次郎は、最後のキスシーンが気に入ったらしく、何度も巻き戻して見てた(笑)
 フリーアナウンサーの川田亜子が自殺したことに関して、『電撃ネットワーク』のリーダー南部虎弾がブログで批判的なことを書いたってんで、それがネットで批判されていた。
 該当のブログ記事は、すでに削除されていて読めなかったけど、「悩みのない奴なんていないさ。皆、毎日悩んでんだ。もっと苦しんでいる人だらけだ」と述べて、「そんな次元の悩みで、自殺を選ぶなんて(中略)ただ育ちの良い世間知らずで、打たれ弱いお嬢さん、と思われてもしょうがない」と書いてあったそう。
 ブログの最後が、投げやり気味に「ご愁傷様でした!」と締められていたというのも反感を買ったのかもしれないけど、正論だと思うよ。
 これは、自殺者だけじゃなくて、殺人者にもいえる事で、行為の理由にはなっても、行為の言い訳にはならないみたいなもんで。
「死者に鞭打つなんて」という批判もあるけど、鞭打っとかなきゃ駄目でしょ。
 死を考えたことがあっても、生きてる人たちのためにも。
 所属事務所の『クラフトワーク』の、「ブログは本人に任せているので、こちらは一切関知していない」というコメントが、良い対応で感心。


≪育児日記≫
 今日も旦那に、毛布でくるまれてユラユラしてらって遊んでから寝ました。
 やってもらえないと大泣きするし。
 でも、毛布を自分でもってきてせがんで、駄目といわれると「じゃあ、歯を磨くから」と条件を出してきます。
 一応、頭は働かせるようになってきて、知恵がついてきてる証拠かな。
 旦那は、「ちゃんと成長してる」と言います。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート