≪通巻243号≫
医師に相談した方が/まんまと騙された男/焼き芋とカレーで満腹/キーボードが不具合

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ★彡☆-=★彡  それさえもおそらくは平凡な薬局  ★彡☆-=★彡
                 ≪通巻243号≫
    提供 : まぐまぐ http://www.mag2.com/
    発行 : 北園薬局 http://www.kitazono.jp/
    編集 : 北村俊純
    窓口 : info@kitazono.jp
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~~~~~~~~~~~~~ 今回の日記の主な話題 ~~~~~~~~~~~
※11月1日(火)……医師に相談した方が
    
※11月2日(水)……まんまと騙された男
※11月3日(木)……焼き芋とカレーで満腹
※11月4日(金)……キーボードが不具合
*************************** 今号の平凡な日記 *************************
◆11月1日(火)/2005年◆
 咳の相談で患者さんが来店。
 実は以前に、麻黄湯(まおうとう)地竜(ぢりゅう)を前に買っていかれた事があるのに、今回は風邪をひいた時に飲まなかったという。
 ありゃん、地竜は気管支炎にも効きますよとお話したはずなのに。
 風邪の方は治っているようなので、麦門冬湯(ばくもんどうとう)麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)を咳止めに当てる事にした。
 食欲が落ちているという相談で患者さんがいらした。
 胃が痛かったり、お腹の具合が悪かったりという事が無いか尋ねてみたが、どうもハッキリしない。
 ただの胃の疲れという感じでもない。
 病院には通っているようなので、担当の医師にその事を伝えたかを訊くと、「言わないって。検査されちゃうでしょ」と仰る。
 検査してもらった方が良いのでは(^_^;)
 その段になって、抗がん剤を飲んでいる事を教えられた。
 その副作用ではなくて?
「分からないわよ」
 なおさら担当の医師に相談した方が良いと思いますが。
「忙しいのよ」
 ええと、癌の治療をしているのであれば、心配かと(・_・;)
 奥さんから電話が入った。
 携帯電話と鍵が見つからなくて家を出られないと。
 次郎が、どこだかに持って行ってしまったらしい。
 最近、多いんだよねー。
 元の所に戻してくれりゃいいのに(笑)
 携帯は、私の方から鳴らしたら見つかった模様。
 しかし、鍵は見つからないという。
 しょうがねぇなぁ(^_^;)
 いったん家に行ってみる。
 次郎の視線になれば見つかるだろうと、腰を低くして部屋の中を歩き回った。
 うう、中腰はツライ。
 しかし、次郎が歩き回りそうな範囲をその姿勢で動いてみたらテレビの前で見つかった。
 なんだ、すぐ見つかるじゃん。
 麻黄湯地竜を買いに患者さんがみえたが、今は咽喉が痛いだけとの事だったので、桔梗湯(ききょうとう)駆風解毒湯(くふうげどくとう)のどちらかで良いだろうと案内した。
 今日のところは桔梗湯を。
 しかし、すぐにまた戻ってきて駆風解毒湯もお買い上げ。
 地竜を買いにいらした患者さんが、麦門冬湯もと注文された。
 風邪のような気もするけれど、花粉症もあるからと。
 今日の午前中に、東京証券取引所がシステムダウンしたまま取引時間になっても回復せず、全銘柄について売買を停止したというニュースがあった。
 原因は先月、取引量の増大を受けてシステムを拡張した際にデータを動かしたのに、それを修正しなかったプログラムミスが原因だとか。
 ああ、なんか身につまされるわ。
 サイト内のcgiの設置で、似たようなミスを何度繰り返した事か。
 規模が違うだけで、うっかりミスというのは変わらない。
 気をつけないといけませんな。
≪育児日記≫
 今日は、11月になった。
 明日妹が来るので、昼から布団を干したり掃除したりした。
 前はよく次郎は、掃除とかしていると大泣きしてたのが、今はようやくあまり泣かなくなった。
 オモチャとか遊んでくれるようにもなったので、ずいぶん楽になったけど。
 それでも1時間ぐらいが限度みたいだった。
 足にまとわりついてくるので、ちょっとと思ったが、できるだけ怒らないように心がけた。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 感想や健康相談はコチラ(・v<)
 http://www.kitazono.jp/bbs_kitazono.htm
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆11月2日(水)/2005年◆
 今日は月初めで休日前という事もあり、店が混む混む。
 朝食を店でと思っていたら、あれよあれよと正午を回り、午後になっても何も食べられず。
 お茶だけで凌いだ。
 やっと昼食にありつき、テレビでワイドショーを観ていたら、太田区での桜の木の伐採に関する事をやっていた。
 なんでも、桜の木のある土地の所有者が亡くなって、管理を任されていた不動産業者がマンション建設のために、桜の木の伐採を決めたため、地域住民が反対運動を起こしているそうな。
 しかし、番組としては横暴な不動産業者と、地元の緑を守ろうとする地域住民という構図を見せようとしてるのかもしれないが、どうにも地域住民の方が横暴なように見えてしまった。
 伐採業者に「恥を知れ!」とか叫んでるのなんか、「アンタが恥を知りなさい」とツッコミを入れたくなる。
「工事を諦めて区に買ってもらえばいいんだよ」という住民も。
 それをするのはアンタたちだろ。
 地域住民がリースするとかはどうよ。
 現地は、空気汚染が国内ワースト1だとかで、その中にあって数十年、楽しませてもらった桜なのだとか。
 だったら今まで、なんにもしてこないで楽しんできた訳でしょう。
 他人の土地の桜を。
 どうして所有者の生前に感謝の気持ちを伝えなかったのか。
 生きているうちに、桜の木を残す約束を取り付けておけば良かったではないか。
 突然の工事だと言うけれど、自分たちが何もしてこなかっただけ。
 ミットモナイよ。
 ただ、不動産業者の方も、こんな環境の悪そうなところにマンションを建てて採算が取れるのかね。
 取材に対しては、別な桜をマンションの敷地内に植えると答えていたけれど。
 区が移植を検討したところ、育ちきった桜の木を植え替えても根が付かず枯れてしまうという事が分かっているため、不動産業者としても伐採しなければならなかったらしい。
 ぜひ、ちゃんと約束を守って、横暴な地域住民を見返してやってもらいたい。
 あっ、その時には地域住民には有料でも良いかと(・_・)
 電話で、柿の葉茶があるかとの問い合わせ。
 取り扱ってはいないけれど、注文していただければ仕入れます。
 しかし目的を尋ねると、高血圧を治すためだという。
 しかも、病院からは降圧剤を処方されているらしい。
 ううん、柿の葉茶を高血圧の治療に使うというのは気休めにもなりませんが。
 よろしければ、一度お店にいらして下さいとお話した。
 五積散(ごしゃくさん)を買いにお客さんが来店。
 成人の息子さんが仕事でパソコンをしていて、目の疲れと肩こりを訴えているとの事で以前に勧めた物。
 どうやら効果があったらしく頼まれたという。
 偉く威勢のいいオバチャンが来店し、咽喉の痛みを相談される。
 今朝起きた時からで、ノド飴で凌いでいたのだが、飴を舐めるのに飽きたと。
 桔梗湯(ききょうとう)を案内してから、葛根湯(かっこんとう)も一緒に飲むと効果が上がりますと説明したら、一緒に買っていただけた。
 漢方薬は苦手では無いようなので、桔梗湯の方はお湯に溶かして患部である咽喉に当たるように飲む方法を教えた。
 その方が、より効く。
 問屋さんが来訪。
 ホカロンを入荷したのだが、なんとパッケージにペ・ヨンジュンの写真入り。
 うげっ、今シーズンに売れ残ったら困るじゃないですか。
 持ってきた問屋さんも、「嫌いな人はどうするんでしょうね」と。
 ですよねぇ。
 私なんか以前に、マクドナルドが他社とタイアップした時に、ドリンクカップからハンバーガーの包み紙まで大嫌いなキャラクターが印刷されていて、ノーマルな物に取り替えてもらった事がある。
 困ったね、どうも。
 病院から処方されている薬を受け取りに患者さんがいらした。
 すると、薬局で同じ薬は買えないかと相談された。
 処方されている薬は、睡眠薬の一種。
 とても店頭では扱えない。
 効果がグッと落ちる鎮静剤ならありますが。
 しかし、値段を見て「高いねぇ」と。
 それはそうです。
 病院で処方されている薬は、保健が適用されてるから安く思える訳で。
 奥さんの妹が到着して、『健康ランド武蔵野』で風呂のついでに夕食を摂る事になった。
 http://www.musashino-kaikan.com/
 例によって、無料券が手に入ったので。
 そうでもなければ、こんな値段と居心地の釣り合わない所になんか来ない。
 それでも、以前に比べたら料理がマシになったねぇ。
 ちゃんと、作ったらしい味噌汁が出るし(笑)
 弁当持込を許してくれなきゃ納得イカン、と思ってた頃に比べてマシという程度ではあるけれど。
 マンションに帰ってから、1人で『RED SHADOW 赤影』の続きを鑑賞。
 DVDを、今夜中に返却しなきゃならないので。
 苦行だ。
 (10月28日/2005年の日記参照)


 主人公たちが現代的なのはともかく、忍者が人一人を殺したくらいで気に病んだあげくに抜け忍になるってのはどーよ。
 アクションシーンはカメラワークだけに頼ってるから単調で、肉体的な痛みを感じられない。
 これでは、先のような人を殺す事に疑問を持つというのも観客に伝わらないではないか。
 そして、てっきりヒロインかと思ったくの一は、中盤でアッサリと死に、赤影は綺麗さっぱり彼女のことを忘れて、姫様に熱を入れる。
 切り替えが早いな、オイ(笑)
 抜け忍になったはずの仲間も、これまた何事も無かったかのように赤影を助けるし。
 細かいところに拘らない人たちばかりで、困ってしまう。
 なぁなぁに生きてる忍者たちの青春群像劇?
 自分で言っててワケワカラン。
 観終わって、速攻で返却してきた。
 気分直しに、深夜のチャット。
 K氏が、東京で15歳の女子高生にデリヘル嬢をさせていた経営者が逮捕されたというニュースを持ち出せば、「小、中学生と偽っていた」というのがケシカランですなと返す(笑)
 怒るところがチガウだろ。>自分
 そこから、セックスの話に。
 体が未成熟だと、アソコの裂傷と、それによる細菌感染が心配。
 さらに、締りが良い方が好きか、緩い方が好きかという下世話な方向へ流れる。
 まぁ、当然だわな(苦笑)
 日本では締りの良さがアソコの具合の良さとして語られる事が多いけれど、それは射精のしやすさと混同しているのではないだろうか。
 特に欧米では、軟らかい方が好まれるそうで、日本では具合が良い時には「締まる」と言うが、あちらでは「ペニスが行方不明になった」というニュアンスの事を言うらしい。
 どういう事かというと、女性の方の性感も高まると、受け入れる側としては、より深く入れてもらうために緩くなるから。
 しかし、生殖行為ではなく商売としてセックスする売春婦としては、男が早く射精てくれた方が効率が良い訳で、どうも売春婦が“楽”だから、締りの良さを自慢したのを、男が鵜呑みにしてしまったようだ。
 回転が良い方が稼ぎが良いのは当然のこと。
 まんまと騙された男の馬鹿さ加減が、しみじみと哀しいですな。
≪育児日記≫
 今日、妹が静岡から来た。
 赤羽駅で30分待たされ、くたびれた。
 なんか風邪引きそう、寒かったし。
 次郎は、でも機嫌がいいので助かったけど。
 買い物を川口駅までしにいって、途中、御飯を食べたり、妹とお揃いの服を買えてよかった。
 デパートを周ってる時なんかは、次郎がベビーカーで寝てくれたので、多少なりとも静かだった。
 しかし、階段の上り下りは予想通り大変で、筋肉痛になってしまった。
 夜は、健康ランドへお風呂に入りに行き、義母が次郎を入れてくれたりした。
 妹も気持ちよかったらしく喜んでいた。
 ご飯を食べてから風呂に入ったんだけど、次郎はもう手づかみで食べたりしてるので、もう服は汚れるし、大変だったけど、その分着替えもあったので、少し筋肉痛もやわらいだような?
 あんまり、長湯はしないように気をつけた。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 感想や健康相談はコチラ(・v<)
 http://www.kitazono.jp/bbs_kitazono.htm
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆11月3日(木)/2005年◆
 今日は、義妹の帰る日だけれど、知り合いの団体さんで焼き芋会があり誘われていたので、一緒に行ってみる事にした。
 せっかく東京の近くまで来たのだから、遊べる所へ出かけてはどうかと勧めたのだけれど、あまりそういう所は興味が無いようだったというのもある。
 奥さんが洗濯などをして、なんやかやとしているうちに予定より出るのが遅くなった。
 なにもこういう時に洗濯しなくてもと思うのに、何故かそういう時に限って主婦の務めを果たそうとするのだから迷惑な(苦笑)
 先にマルエツに行ってサンマとハーブチキンとマシュマロを購入。
 焼き芋会は市からの助成金が出ている事業だそうで、芋はその予算で購入済みという話を聞いていたため、他の焼く物を楽しもうと。
 ちなみに助成金事業の目的は、「お父さんとの休日」というものらしい。
 知らん知らん(笑)
 まぁ、お父さんが子供の前で活躍できる場を作りましょうという事かね。
 もう来るかと思ったら、義妹が携帯電話をマンションに忘れたと取りに戻る。
 待っている間に、東浦和駅行きのバスが行ってしまった。
 やむなく蕨駅行きに乗る。
 そして、蕨駅から浦和駅へ。
 最後に浦和駅から、うらわ営業所行きのバスに乗った。
 バスの終点の手前が、目的地の『さぎ山記念公園』。
 http://www.scvb.or.jp/data/minuma_08.shtml
 ところがこのバス、東浦和駅経由だという案内放送が。
 ガーン!!Σ( ̄□ ̄;)
 貰った焼き芋会のお誘いチラシにも、浦和駅の西口からバスとあるだけで、東浦和駅からも出てるなんて知らなかった。
 えらく遠回りしてしまったぞい。
 バス停を降りると、これがまたえらく辺鄙なところ。
 家が点在し、視界の範囲には店が無く、どちらへ向かって歩き出せば良いものやら。
 そこは道に迷いやすい私。
 考えずに歩き出してから、通りがかりの人に道を尋ねる。
 教えられたのは、歩き出したのとは反対方向。
 良かった、まだそんなに進んでいなくて。
 公園の敷地内にはすぐに入れたものの、公園自体が広くて、これまたどっちへ行ったものか。
 焼き芋をやるのだから、野外炊事場のある方だろうと、奥のキャンプ施設に向かったら、ちゃんと合流できた。
 到着が遅くなったため、すでに芋は焼き上がっていた。
 その芋をもらい、はからずも次郎をお披露目する事に。
 前から名前を知ってる人も、正しく憶えていなかった(苦笑)
 焼き芋の他には、芋煮汁を貰う。
 私はサンマをアルミホイルに包んで焼いた。
 焼き芋会といえば、他の焼き物も持ってくるもんだと思ったんだけど、本当に今回はサツマイモだけなんですな。
 ハーブチキンを出したら、高校生たちから欲しいと言われる。
 まぁ、分けるつもりで持ってきたから。
 食事の後に野外ゲームなどの企画もあるのかと思ったのだが、そういうのは今回は無いという。
 企画を、あれもこれもと詰め込むばかりが能ではないか。
 それに、そんな事をしなくても子供たちは、木に上ったり枯葉を集めたりと、楽しそうに遊んでいた。
 青年のNくんは、子供たちに追い掛け回されて、枯葉をかけられていた。
 次郎はというと、何故か人のいない方いない方へと歩き出す。
 屋根のあるベンチの所が気になるらしく、屋根の隙間からの陽の光を指差しては、「あーあー」と叫んでいた。
 近くで別な家族が子供と遊んでいて、『RC空とぶドラえもん』を飛ばしていた。


 おおっ、飛ぶところを直に見るのは初めて。
 けっこう高くまで飛ぶんですな。
 そして、けっこう勢い良く落ちるんでビックリした(^_^;)
 新しく『RC空とぶドラミちゃん』というのも出ているようだ。
 値段が兄より高いのは、やっぱり優秀なのか(笑)?
 奥さんと義妹は先に帰る事に。
 義妹が靴を買いたいんだとか。
 それならそうと、言ってくれれば良かったのに。
 でも、かといって東京の有名店でというのでもなく、途中のスーパーで買えれば良いらしい。
 良く分からないけど、姉妹でお話しする事もあるか。
 そんな訳で、次郎を置いてかれた。
 自分が置いてかれて泣き出したものの、すぐに忘れて、また人けの無い所へと歩き出す。
 手がかかるのやら、かからないのやら。
 焼き芋会の方は、参加者で記念写真を撮ってお開き。
 企画者の1人のKちゃんから、感想とアンケートを求められた。
 助成金事業なので、市に報告しなければならないんだと。
 お金貰うのは大変ね。
 この後には、某団体のホームページの打ち合わせもする事になっていたのだけれど、とにかく周辺に喫茶店もファミリーレストランも何も無い。
 どうせメンバーが揃ってるんだから、この場で済ませてしまいましょうという事になった。
 幸い、次郎は寝てくれてベビーカーに乗せられた。
 そして、打ち合わせを始めて、来年度の体制などについて話す。
 委員長を務めてくれていたIくんとしては、来年度も長を引き受けるのであれば、体制を固めて欲しいのと、ある程度の議決権を持たせて欲しい様子。
 これには、私も賛成。
 意見が出るだけ出て、最後には運営委員会に諮らないと決定とならない現状では、何もできないに等しい。
 それから、どういう立場で委員会に所属しているのかも明確にしましょうという話になった。
 私やIくんは、やりたいという気持ちもあっての事だが、同時にパソコンに多少なりとも詳しいからと声をかけられた。
 後は、運営委員会に所属しているからとかで、どうも曖昧なメンバーもいる。
 先にも書いたとおり、運営委員会が決定権を持っており、運営委員会に所属しているメンバーが複数いるのに、どうにも運営委員会との意志の疎通が悪い。
 おそらくは、窓口が複数いるのと同じ状態で、自分の責任というものが曖昧なんだろうと指摘した。
 その辺も、今年度は改善していきましょうと、そろそろ周囲が暗くなってきた頃に話をまとめた。
 帰りはバスのつもりでいたのだけれど、雨もポツポツ降ってきて、Sちゃんの車で送ってもらえる事になった。
 ありがとう。
 薬局に送ってもらうまで次郎は起きず、奥さんは妹を見送ってすでに戻ってきていた。
 実は私は、この後にカレーバイキングのオフ会が入っている。
 焼き芋の後にカレーバイキングっておかしいだろう(笑)!!>幹事のI氏
 次郎を奥さんに預けて、お腹いっぱいの状態で、新宿へと出かけた。
 新宿駅東口の交番前で待ち合わせていたのだけれど、私の到着が遅れて、『スターバックス』に皆は移動していた。
 私が悪いんじゃないも~ん。
 焼き芋会があるから行けないと伝えたのに誘った方が悪いんだもん。←居直り
 そんな今日のメンバーは、I氏とS子さんとIちゃんの3人。
 欠席のS氏は、風邪で体調が悪く、特に咽喉をやられてるらしい。
 それじゃあ、カレーは食べられんわな。
 その今日のカレーは、『新宿中村屋』の『カリーバイキング』の予定。
 http://www.nakamuraya.co.jp/honten/f4.html
 ところがまっすぐ向かわず、駅前のファッションショップにIちゃんとS子さんは飛び込んでしまった。
 これだから女は( ̄▽ ̄)
 I氏と共に、ほとんど彼女の買い物に付き合わされる男状態。
 まぁ、見る分には嫌いでは無いけれど、いつ「買って~」と言われるかヒヤヒヤ(笑)
 そして言われたけど無視して、どうにか新宿中村屋に到着。
 バイキングをやっているのは、4階の『ラコンテ』という店。
 ちょっと懐かしい喫茶店といった感じの内装。
 制限時間は90分との事で、カレーを食べるだけなら時間的には余裕かな。
 バイキング専用の席は満員なのでと、普通の席に案内される。
 ソファがフカフカ過ぎて、座ったら沈んだ(笑)
 そして、交代でカレーを取りにいく。
 カレーは全部で6種類。
 野菜カレーやチキンカレー、豆カレーなどがあった。
 ライスは白米とサフランで炊いた物とがあり、ナンも確か2種類あった。
 全種類食べたいので、ライスで皿に土手を作ってカレーを分けて入れた。
 こんな貧乏臭いやり方はアカンかなと思ったら、ちゃんと店側の案内版にも、その方法が書いてあった(苦笑)
 なので、遠慮なく土手を作って、まずは4種類のカレーを盛り付けた。
 豆カレーが意外と辛く、味も申し分の無いもので気に入った。
 S子さんは辛さに弱くて、Iちゃんは刺激物全般に弱いが、6種類の中には辛さや刺激の弱い物もり、大丈夫なようだった。
 でも、今回の企画は確か、「S子さんに辛いカレーを食べさせる」という趣旨だったので、S子さんが辛いカレーをよそっても、あえて口にせずヽ( ´ー`)ノ
「えーん、なんで教えてくれなかったんですか~(>_<)」
 その代わり(?)、汁物をよそう時に、おたまから器に運ぶまで汁が垂れない秘訣を教えてあげた。
 鍋からおたまに汁物をよそったら、持ち上げる前におたまの底を、汁の表面にチョンと置くだけ。
 こうすると、表面張力の作用によって、そのままだとおたまの側面から底に伝わる汁が、鍋の中に戻されて垂れなくなる。
 奥さんもこの方法を知らなかったな。
 商売で汁物をよそう人なら、基本的なテクニックなのに。
 って、私はそんな商売はしとりませんが、便利なので覚えておいた。
 カレーを食べている時に何故か猥談に少し入り、快楽亭ブラックの『おまん公社』という落語を思い出したのだけれど、あまりに下品なので元になった『ぜんざい公社』の話をしたら、S子さんにオチが通じなくて困った。
 お話は単純で、ぜんざいを作る店が公社化されたらという内容。
「お餅は焼きますか?」と尋ねられ焼くように頼むと、火気使用許可証の手続きをするように言われたり、次々と書類を書かされて、やっとありついた“ぜんざい”がちっとも甘くない。
 これはどういう事だと抗議をすると、「私たちは公務員ですから、甘い汁は先にいただきました」とオチる。
 ぜんざいを知らなかったのなら仕方ないなと思ったら、肝心のオチの「公務員が甘い汁を吸う」という部分が分からないというので、どこから説明したら良いものやらと(苦笑)
 メルマガのネタ決定(o ̄∇ ̄)o
 しかし、意地悪が祟ったか、お代わり3杯目が悪かったか、絶対に後者だと思うが、満腹で気持ち悪くなってしまった。
 もはや、歩くと吐きそうなくらい。
 やむなく、確保しておいたデザートのケーキをI氏に食べてもらう事に。
 いや、私は食べ物を残すのが大嫌い。
 I氏にあげたのです。
 ううむ、残念無念。
 外に出て涼しい風に当たっても回復せず(そりゃそうだ。その前には焼き芋とサンマとハーブチキンを腹いっぱい食べている)、皆の後をヨロヨロと付いていく。
 時間的にはまだ帰るには早く、IちゃんとS子さんのどちらが言い出したのか、靴を求めて店巡りとなった。
 ただし、私は店の前の歩道で、花壇に腰掛けて休ませてもらう。
 吐きそうだけど、辛い物を吐くと咽喉が痛むから嫌。
 それから、弊店間際の丸井にも立ち寄り、さらにアルタ方面にも行った。
 でも、風に当たりつつ休んだおかげかだいぶ楽になった。
 楽になったところで、帰路に着いた。
 うー、当分カレーはいらない。
≪育児日記≫
 今日、妹が夕方帰る日だった。
 その前に、旦那と私と次郎と妹で、焼き芋大会に呼ばれて行った。
 行きに2時間も費やして次郎が機嫌が悪くなる一方だった。
 特にバスの中では飽きちゃって、ものすごい勢いで泣いてしまうので、もううんざり。
 私は少々キレちゃって大変だった。
 でも、目的地に着いたら、次郎は元気に1人で公園をぐるぐると走り回るので、とてものびのびしていて楽しかったようだ。
 夕方過ぎ頃、ポツポツと雨が降ってきたけど、早めに帰った私と妹はその後は知らなかった。
 携帯に次郎は寝たとの連絡が旦那から入ったので、何事もなく安心はしたけれど。
 少しは旦那に預かってもらったので、ものすごくラッキーだったので良かった。
 ゆっくり妹とも話すことができた。
 妹を送ってから薬局に行き、義母に今日の様子を話し、その後、次郎が帰ってくるまでずっと薬局にいた。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 感想や健康相談はコチラ(・v<)
 http://www.kitazono.jp/bbs_kitazono.htm
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆11月4日(金)/2005年◆
 猪苓湯(ちょれいとう)を買いに患者さんが来店。
 このあいだ使ってもらったばかりなのだが、効いたような効かないようなという感想。
 ううむ、判断の難しいところ。
 効いてるから悪化していないという考え方もできるし。
 とりあえず、1日の服用回数を増やしてみて下さいとお話した。
 能書でも、症状により適宜増減となっていますので。
 Y氏が来訪。
 事前にICレコーダーを借りたいと店にFAXが入っていて、用意しようと確認したら電池切れだった。
 電池を買いに行ってる間に、Y氏が到着したとお母んから電話があり、慌てて戻る。
 引き渡す前に、中のデータをまとめて消去しようとパソコンに接続したら、エラーが出てパソコンが再起動。
 再び同じ操作をすると、またも再起動。
 なんなんだ~(@_@)
 3度めでやっと消去できた。
 お待たせしてスイマセン。
 麻黄湯(まおうとう)を買いに患者さんがいらした。
 今回は風邪との事だったが、秋の花粉症も酷いという話を聞き、そちらには小青龍湯(しょうせいりゅうとう)を勧めた。
 パソコンのキーボードが急におかしくなった。
 キーの手前斜めに刻印されてる記号や数字が出てしまう。
 どこか変なキー操作をしてしまったか。
 ヘルプ機能を使おうと思ったら、機能が停止していた。
 あっ、HDDの容量を増やすために削除したんでした(苦笑)
 やむなくネット上で同類の症例を探そうとして、ハタと気がついた。
 文字入力がまともにできないんだから、検索窓に文字を入れる事もできないんだよ(^_^;)
 うーんと、うーんと、と頭を悩ませ、IMEの手書き入力機能で一文字ずつ入力して検索してみた。
 しかし、Windows98時代のトラブルでは似たようなものがあるのに、XPでは見当たらない。
 困ったな。
 ところが、Windowsアップデートを無駄と思いつつ実行したら、アッサリと直った。
 でも、不具合の原因は分からず。
 むー(-_-)
 M嬢からメールが入った。
 入院しましたと。
 またですか(^_^;)
 週末には、そのM嬢を誘っての飲み会の予定を立てていたのに。
 白紙に戻すしかないか。
 問屋さんが来て、注文してあった薬を置いていったのだが、漢方薬だけが無い。
 注文し忘れたかと思って、問屋さんからFAXで送られてきてる入荷予定表を見ると、ちゃんと入っている。
 土日を挟んでしまうので、入らないと困ってしまう。
 もしかすると、問屋も在庫切れなのか。
 問屋さんに電話したら、品物はあるのだが伝票が見つからなくて今日の仕入れ分に入れられなかったとの事。
 なんだそりゃ。
 来週の月曜日の一番に届けてもらう事になった。
 うーん、土日に買いに来る人がいなければいいんだけど。
 注文した翌日には入るからと、在庫を抱えないようにギリギリの単位で発注してたのが拙(まず)かったな。
 注文数が伸びて売り上げがあがるのと正比例して、未入金も増えてきてしまった。
 銀行振込や郵便振替での注文で、料金が後払いのお客さんには、商品到着後1週間以内に入金して下さいとお願いしてあるのに、2週間経っても1ヶ月経っても入金してこない人が。
 何度かメールしているのだけれど、返事も無い。
 これが溜まっては、少額でも送料無料にしてる分だけ深刻になっていく。
 次の段階は、電話を入れてみるべきなのか、内容証明郵便で督促するべきなのか。
 裁判なんてなると面倒なんだがなぁ。
 いや、私じゃなくて向こうが。
 マンションに帰って夕食を摂り一息ついたところに、友人のKくんから電話。
「なんか楽に死ねるクスリ無い?」
 店に来る患者さんからも、こう言われるのは半日常なので、「無いです」と即座に返答。
 だいたい、病気と闘ってる人がいて、自分もその1人なんだから、楽に死のうなんて考えが甘い。
 動ける力が残ってる限りは、全力で死ぬ努力をしてみなさい。
 実際、鬱病の患者さんが自殺するタイミングは、病状が進行して落ち込みが激しい時よりも、病状が回復に向かう時の方が多いそうだ。
 気持ちが上向いて積極的になるために、死ぬ勇気が湧いてしまうらしい。
 そこからすると、「楽に死にたい」と言ってるうちは大丈夫だろう。
 とにかく、明日お店においでと伝えておく。
 ………しまった、明日はIちゃんとデートの約束してるんだった。
 後でキャンセルの連絡をしなきゃ。
≪育児日記≫
 今日は、歯医者に行った。
 この間の続きのようだった。
 でも、歯石を除去しただけで終わった。
 その間、次郎は薬局に預かってもらっていた。
 昨日、妹が帰った後の残りの荷物の整理など、帰ってきてからやったりした。
 次郎は、途中薬局でも寝てくれたそうで、助かったようだった。
 夕食も薬局で食べた。
 次郎は最近、お店の奥の畳の部屋では落ち着いてきたが、店内に下ろすと、前以上にイタズラし始めるので、ものすごく体力を使ってくれる。
 何か、気を使いすぎて、私自身、精神的に疲れるようになってきた。
 しかし、薬局の外に出ると、よく走り回ったりするので、車が危ないので、まだ中のがいいみたいだった。
 もう少し体力をつけようと思った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回の日記の内容は、いかがでしたか?
【感想アンケートのURLはコチラです】
http://www.kitazono.jp/votecom_kitazono.htm
★このメールマガジンを推薦していただける方は、下記のページよりお願いしますm(_ _)m
 http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.html
■■■■■■■■■■■■■■■□免責事項□■■■■■■■■■■■■■■
 記載内容を利用して生じた結果につい て、当方では責任がとれませんのでご了承ください。
 また、筆者が思った事や感じた事を率直に書いている事柄に関しましては、反証可能な事実誤認以外の訂正には応じられません。
 URLで紹介した先のページの著作権は、そのページを作成した人にあります。
 URLを紹介する事に違法性はありませんが、文章等を転載する場合は、作者の許諾が必要となります。
&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&& 趣味の活動 &&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
◆TRPGのサークルに所属しています。
 卓上ゲームが好きな人や、興味のある方は覗いてみて下さい。
 また、『コミュニケーション』のコーナーでWEBラジオ番組『幻想時間』を公開しています。
 私は主に、映画についてトークをしています(・v<)
 http://www.snake-eyes.gr.jp/
------------------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
 解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000109927.htm から。
------------------------------------------------------------------------

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート