説明する技術って難しい……

 『サトウ口内軟膏』を購入されたお客様に、口内炎は胃の不調が原因と考えられる事をお話したところ、病院で『ガスター』を処方された事があるとのこと。
 今は服用していないそうだけど、口内炎を繰り返すようであれば『半夏瀉心湯』を試してみるように勧めた。
 『葛根湯』と『甘草湯』をレジに持ってきたお客様に症状を尋ねると、喉の痛みと咳だという。
 『甘草湯』は喉の痛みに使うけど、『葛根湯』の方は上半身を温めるから、喉の痛みにも咳にも適さない事を説明した。
 それに、『葛根湯』にも甘草が入っているし、どうせ重複するなら、『桔梗湯』を喉の痛み止めに使った方が良いだろうと思い勧めたところ、『葛根湯』だけを購入された。
 ええん?
 それなら、『葛根湯』を辞めて『甘草湯』だけの方が良いのに。
 喉の痛みと咳には、『葛根湯』が一番不要な訳で、いったいどういう判断?
 ううむ、説明が悪かったんたろうか……(;´・ω・)
 貧血気味というお客様から、『マスチゲンS錠』と『ファイチ』の違いを質問された。
 今までは、『マスチゲンS錠』を服用していたそうで、そちらにはビタミンEとカルシウムが配合している事を説明したところ、今回は『ファイチ』を試してみるとのこと。
 症状については、急に立つとクラッとするそうなので、脹脛(ふくらはぎ)のマッサージを勧め、水分代謝の改善をする『苓桂朮甘湯』と、血流改善の『当帰芍薬散』を紹介した。
 小学生の子供の、鼻炎による鼻水を相談された。
 世間的には終わった感じの花粉症が思い当たるという話なのと、学校で眠くならないようにとのことで、『小青龍湯』をご案内してお買い上げ。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート

説明する技術って難しい……への2件のコメント

  1. アバター はぐれ薬剤師
    はぐれ薬剤師 コメント投稿者

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36 SE 2.X MetaSr 1.0
    貧血気味のお客様。ネオレバルミンの対症では?貧血の人は胃腸虚弱。鉄剤の吸収が出来ません。ネオレバルミンに鉄分が含まれていればベストなのですが。

     
  2. アバター Toshizumi Kitamura
    Toshizumi Kitamura コメント投稿者

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/36.0.1985.49 Safari/537.36
     あっ、『ネオレバルミン』が使えますか。
     確かに、胃腸虚弱の人は吸収力の低下がありますが、その使い方は考えていませんでした。