薬の注意書きを読んでいないことを、ドヤ顔で自慢されても困るのは自分ですよ?

 お客様が喉スプレーの『パープルショットW』と『ポピショット』の両方をレジに持ってきたので、前者のみでも良いのではと尋ねると、後者は子供が味を気に入っているとのことだった。
 両者は成分からして違い、『パープルショットW』は抗炎症成分と殺菌成分のダブル処方なのに対して、『ポピショット』は殺菌成分のみ。
 そして、喉が痛むときに有効なのは抗炎症成分で、殺菌成分は入っていない『アズリート』などがあり、そもそも殺菌成分は刺激物だから喉が痛む場合には避けたほうが良い。
 すると、お客様の主訴は喉の乾燥感というため<、抗炎症成分単独の『アズリート』を紹介したうえで、子供が気に入ってるという味がメントールや麦芽糖ということであれば、『パープルショットW』も似た味付けであることをお話したところ、『パープルショットW』のみを購入された。
 もし両者の味が異なるとすれば、抗炎症成分がアズレンなのでカモミールの風味がするかもしれない点で、花の香りが嫌だと言われると困るけど。
 お客様には、喉の乾燥感や痛みは風邪とは限らず、寒くなって内臓が熱を出そうとして体内が乾燥してる可能性をお話した。
 養生法としては、内臓を温かく保ち、身体に無理に熱を出さなくても良いと教えてあげることなので、温かい物を積極的に飲み、しかっりと入浴をし、上は涼しい服装をしても下半身には厚着をすること。
 それ伝えると、お客様から「いいこと聞いた」と言っていただけた。

 お客様から爪水虫のジェルをと注文されて、『エクシブWきわケアジェル』を案内するとお買い上げいただくことになったけれど、病院は受診していないという。
 良くはなってきているとのことだれど、本当に爪水虫かは見分けがつきにくいため、2週間くらい使用しても良くならない場合には医師や薬剤師、あるいは私のような登録販売者に相談するようパッケージに書いてあることを伝えたところ、注意書きは「読んでない」とドヤ顔で言われてしまった……。

 お客様から口内炎の薬の場所を尋ねられ、売り場を案内しながら、炎症を強力に抑えるステロイド剤と、アズレンを主成分にした抗炎症剤の他に、患部の修復タイプがあることを伝えたところ、2日目で食事の時に痛むとのことだった。
 それならステロイド剤で対処したほうが良いので、『オルテクサー軟膏』と、貼るタイプの『口内炎パッチ大正クイックケア』と『トラフルダイレクト』も紹介した。
 同じ貼るタイプでも、『口内炎パッチ大正クイックケア』は基材が溶けずに口に残り、『トラフルダイレクト』は基材が溶けるので、食事中の保護としては前者のほうが適している。
 ただ、そういう意味では、取れたら塗り直せば良い軟膏のほうが楽だし、『オルテクサー軟膏』は唾液と混ざると固まるので患部の保護にも優れていることもお話すると、そちらを購入された。
 入浴してるというので、ウイルスなどの外敵と戦うために免疫機能を整えるのにも、壊れた細胞の材料を運ぶのに血流を良くするのにも、身体を温めるのは大事だから、養生に適っていることをお話した。
 補足として、冷たい物を摂取すると身体は対抗しようと炎症を強めてしまうことも伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート