その症状は薬の副作用かもしれません

 お客様が『セキトローチ』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みだけで咳は無いというため『ペラックT』を提案したところ、子供と一緒に使いたいとのことでトローチを希望されたことから『パブロントローチAZ』を案内し、お買い上げいただくことになった。

 ただ、花粉症のために何か薬を服用しているそうなので、薬の副作用による体内の乾燥の可能性を伝えた。

 体内の乾燥によるものであれば、上半身に保水する『麦門冬湯』が適応すると考えられる。

 何の薬かが分かれば、その辺りも特定できるから、ちゃんと使っている薬のことは覚えておいてほしい。

 花粉症対策には、お腹周りを温めて腸の機能を助けるよう勧めた。

 お客様が『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みだけで咳はそれほどでもないというため『ペラックT』を提案した。

 患者はご主人で、頼まれ物でもあることから両方を購入されたので、まずは『ペラックT』を単独で使ってみるようにお話した。

 『パブロンSゴールドW』に入っているジヒドロコデインリン酸塩は神経の働きを抑制する麻薬成分であるから、咳が無いのに使うと疲労倦怠感につながる可能性がある。

 『セイロガン糖衣A錠』を手にしたお客様から鎮痛剤の場所を訊かれ、売り場を案内しつつ旅行用か尋ねると海外だというので風邪にも胃腸炎にも使える『柴胡桂枝湯』を紹介したところ、『イブA』も一緒にお買い上げいただいた。

 念のため、『セイロガン糖衣A錠』は『正露丸』から抗炎症と鎮痙攣の成分を抜いてあることを伝えた。

 それと、あの独特の匂いを嫌う人は多いけれど、腸にも嗅覚と味覚があり匂い自体に薬効があることも説明した。

 やや高齢のお客様から膝痛の内服薬を相談され、痛みは強くないものの天候に左右されないようなので、『疎経活血湯』を案内して試していただくことになった。

 お客様から3歳の子供の鼻水とクシャミの相談を受け『ムヒこども鼻炎シロップS』を案内したものの、入浴したうえで温かい物を飲み下半身を厚着することで治るかもしれないとお話したところ、お帰りになった。

 処方としては簡素で体への負担も少ない薬ではあるけれど、使わないで済めばそれに越したことはない。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!