目薬の点し方と応用を案内していますが、店頭での相談を最優先にして下さい

 高齢のお客様が『新緑水』を購入されるさいにヒアリングすると、主訴は目ヤニで痒みは無いというため抗炎症成分の入ってない『養潤水』を紹介し、原因は加齢による瞼のたるみの可能性であることをお話した。
 目ヤニは白っぽいものの色はついていないそうなので、細菌性のではない模様。
 たるんだ瞼が目を刺激すると、異物を排除しようと防衛機構が働いて目ヤニを出すことがある。
 お客様からは、「安心しました」と言ってもらえた。
 ただ、目ヤニを拭って時間が経っても視界がボヤけるとか白く霞むといったことがあれば、病院を受診したほうが良い。

 やや高齢のお客様から、かすみ目の相談を受け、病院で処方されることのあるビタミンB12製剤の『ソフトサンティアひとみストレッチ』と、ビタミンの種類が多くてお得感のある『スマイル40EX』を紹介したところ、朝方にかすむというために寝てる間のダメージケアに『養潤水』を案内した。
 『養潤水』を購入され、目薬の点し方を教えると驚かれた。
 いつもの、目を閉じて少し下を向き1分以上待つ方法だが、どうも顔を上に向けたまま目パチ瞬きをしたうえ、溢れた分をティッシュで拭っていたらしい。
 目薬を点すときにしてはいけない3つのことが、フルコンボである。
 顔を上に向けていると薬剤は目の裏から鼻へと抜けて目に残る量が減り、瞬きすれば睫毛に薬剤が持っていかれ、ティッシュで拭うと浸透圧の関係で多くが吸われてしまう。
 とにかく、目に閉じ込めて行き渡らせることが大事なので、時間が取れれば1分と言わず5分は下を向いたままにしておくのが良い。
 なんならスマホとで好きな音楽をかけて、リラックスタイムに充てるというのもあり。
 お客様が、怪しいアルコールジェルも購入されようとしたので、効果が確認されていて中身の検査を受け、厚生労働省から認可されているのは、パッケージや本体に「消毒」あるいは「殺菌」と書いてある物とお話をして『エタッシュ』に変更となった。

 高齢のお客様を前のお客様で待たせてしまい、マスクを購入されたけれど、後で戻ってきて目のきわの痒みを相談されたので、痒み止めの入った目薬を勧めたところ家に何かあるとのことだった。
 目の周りに塗れる薬はあるけれど、さすがに目に入る可能性が高い目のきわならば、痒み止めの入った目薬を塗った方が安全である。
 何しろ目薬なので、目に入れるのが前提。
 手で塗ると患部を汚染させてしまうかもしれないから、こちらは目薬を目に点して、あえて顔を横に傾けるなどして溢れるようにする。
 お客様を待たせてしまったけれど、前のお客様に説明している様子を見ていて相談する気になってもらえたのなら嬉しい。
 本当は、もう少し人員がいて、一人のお客様の対応をしている間に相手をできる体制が整うのが理想なのだけれど。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート