薬が合っているかどうか、検討しないと的はずれなコトになります

 お客様が『エスタックイブファインEX』をレジに持ってきたけれど、「風邪の予感がするから」というため、予防に飲む薬ではないので『葛根湯』を勧めたところ以前に効かなかったとのこと。
 『葛根湯』が効くかどうかは、症状と合っているかどうかとタイミングの問題もあり、身体機能を落として症状を抑える現代薬と、症状を抑えずに身体を活性化して風邪と闘うという違いもあることを説明した。
 上半身を温めて血流を良くする『葛根湯』が得意なのは、鼻水が出るとか悪寒がするといった体内の冷えが関わっている症状で、反対に温めると悪化するような喉の痛みや咳には向かない。
 また、早め早めに使うのもコツで、「風邪の初期には葛根湯」と云われているが、発熱してからではもう遅いので、家に置いておくよりも持ち歩いて、悪寒を感じた「気がする」とか、頭が重い「ような感じ」という段階で服用するのが良い。
 ちなみに、上半身を冷やして症状を改善するには『銀翹散』という漢方薬があり、喉の痛みなど温めると具合の悪くなる症状が出ることも考えると、『葛根湯』と対で揃えておくのが良いだろう。
 今回のお客さ様の場合は、現状では栄養を摂りつつ体を休める方が良いことをお話し、ノンカフェインの『ユンケルDCF』を勧めると、やはり風邪薬にも備えておきたいというので、咳止め成分の入っていない『PL錠』を紹介して、一緒にお買い上げいただいた。
 咳止め成分に多く採用されている覚醒剤系は無駄に身体を興奮させて体力を消耗するし、同じく入ってることが多い麻薬系は身体機能を抑制して胃腸の働きも弱めてしまうから、咳が出ていないのであれば避けたほうが無難である。
 それから、身体を休めるのは内臓も含めてなので、食事は胃腸に優しい物をと勧めた。

 お客様が咳止めの『ブロン錠』を購入されるさいに痰の状態を確認したところ、咳も激しくないというため、『ストナ去痰カプセル』を提案した。
 ただ、咳が続いてるというので胃炎を起こしてる可能性も伝えたところ、「以前にもお話を聞きました」と言われてしまった。
 ありゃん。
 どうも人の顔を覚えるのが苦手で(;´Д`)

 お客様から介護用品の消臭剤の相談を受けたけれど、科学的に本当に消臭するのは難しく、他の臭いの成分をかぶせるのがせいぜいで、臭いの元となっている物質を吸着するか空気清浄機を使うか、袋で物理的に閉じ込めるしか方法が無いことを説明した。
 お客様は、ゴミ箱の蓋の裏に貼るタイプの消臭剤も試したという。
 親の介護オムツを捨てるゴミ箱の対策とのことで、消臭というのは本当にまだまだ技術的に難しいのだ。
 お役に立てず、すいません。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート