『イボコロリ』は顔のイボには使えません! 患者さんの勘違い、思い込みが怖いです

 夫婦のお客様から『イボコロリ』を尋ねられ売り場を案内したところ、ご主人が額のイボに使いたいというため、わざと皮膚を腐らせて新陳代謝を促す薬なので顔に使うのは危険なことを説明し、受診勧奨した。
 そして、私自身がシモヤケで受診したときの事をお話をした。
 手の指にボツボツが現れて、何か菌に感染したのかと思い抗生物質を塗っていたところ痛みが強まり、ステロイド剤に変えたものの患部が変色したため皮膚科に行ったら、一瞥した医師に「シモヤケだね」と言われズッコケた(°_。)
「もっと早く来ればよかったのに」とお小言をいただき、「駄目だよ、ステロイドなんか塗っちゃ」と注意されて出された薬はヘパリン類似物質。
 日記で私自身が何度も書いているように、酷くなってから病院に行くより、早い段階で専門家の意見を聞くのが大事なのだ。

 夫婦のお客様が来店し、漢方薬の棚でご主人が自信たっぷりに奥さんに何か述べて『腎仙散』を手渡し、『救心』と一緒にレジに持ってきたけれど、前者は比較的効き方が穏やかな薬で良いのか尋ねると、『猪苓湯』と間違えていることが分かり変更となった。
 どう間違えていたのか分からない(^_^;)
 症状によっては他の選択肢もあることを伝え、生薬の種類が少なくシャープに効く『猪苓湯』を基本としながら、疲労感が思い当たる場合の『ボーコレン』(五淋散)と、排尿時に灼熱感があるときに適応する『竜胆瀉肝湯』との使い分けを説明した。
 今回は紹介しなかったけれど、高齢者や食欲が低下しているくらい体力が低下している場合には、『清心蓮子飲』も候補となる。

 高齢の客様が『猪苓湯』『竜胆瀉肝湯』をレジに持ってきて比較を尋ねられたのでヒアリングしてみると、主訴は頻尿と残尿感とのことだった。
 灼熱感は無いというため『ボーコレン』(五淋散)と、体力は充実している場合の『八味地黄丸』も交えて説明した。
 以前に病院を受診した時に何か処方されたようだが覚えておらず、今回は『八味地黄丸』を試していただくことになった。
 そして、夜中のトイレを避けるために水を控えているようだったので、かえって良くないことをお話した。
 水を飲むのを控えると血中の塩分濃度が高くなり、塩分を排出するために尿意を催してしまうのだ。
 夕食後は体内の塩分が多くなりがちだから、お腹を冷やして刺激にならないよう、常温の水を寝る前に少し飲んでおくほうが夜中にトイレで起きにくくなる。
 また、夜中に起きたとしても昼間が眠気などで辛くなければ問題はありませんと伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート