子供でも、目薬の注意事項に年齢制限が明記されていなければ、子供用より症状に合わせて選びましょう

 お客様から子供用の目薬をと注文され、メントールなど清涼感の強い成分の刺激の問題なので、制限年齢が明記されていなければ大人との区別無く使えることを説明しヒアリングしてみると、モノモライとのことだった。
 あまりなる訳ではないというため、分包になっていて保続がきく『ロート抗菌目薬i』を案内したところ購入を決められた。
 他に目元の痒みの相談もされ、顔に塗れる痒み止めの薬でも目の中に入るとリスクがあるため、痒み止めや抗炎症成分の入った目薬を塗る方法を教えると『ロートアルガードマイルド』も、お買い上げいただいた。
 それから、モノモライに限った話ではないが、菌と戦うにも患部の修復をするのにも体温を高めに保ったほうが良いから、お風呂にしっかり入り、服装は上半身は涼しくしてもお腹周りを冷やさないように気をつけ、積極的に温めるよう勧めた。
 患部が炎症を起こすのも、まさに治そうとする体の反応だから、冷たい物を飲んだり食べたりすると、体の方は「もっと炎症しなきゃ」と頑張ってしまう。

 お客様が『ロートこども目薬』を購入されるさいに、注意事項に年齢制限の無い目薬であれば、子供用というのは単にメントールなどの刺激の強い成分が入ってないだけなので、症状に合っているかを尋ねたけれど無反応だった。
 いつもの目薬の差し方も伝えたけれど、やはり無反応だった。
 自動薬購入機(・_・;)?
 目薬を点して上を向いていたり顔を起こしていると、薬液が目の後ろから鼻を通って喉へと流れてモッタイナイ。
 瞬きをすると、睫毛に薬液が持っていかれてモッタイナイ。
 目元から溢れた分をティッシュに吸わせてしまうと、それこそ本当にモッタイナイ。
 とにかく目に閉じ込めて行き渡らせるのが肝要なので、目薬を点したら静かに目を閉じて少し下を向く。
 そのまま最低でも1分、できれば5分は目を閉じておくと勿体なくない。

 お客様から目薬を注文されたけれど、主訴は乱視で(乱視を目薬でどうしろと?)、病院では白内障も診断されていて、ご主人に処方された白内障の目薬を勝手に使っているのを医師には言っていないというため、その目薬の使用を中止し医師に報告するようにお願いした。
 もう、何処から注意すれば良いのか分からない(;´Д`)
 でも、お説教をして今度は他のお店で何も相談せずに、自分で適当に目薬を選ばれ、それもまた担当医に黙って使うようなことになると困るから、気を使って気疲れ。
 目薬を他の人と共用するのも感染症のリスクがあるから、やってはいけない使い方だ。
 お客様からは何か目薬を買いたいと粘られ、比較的害の出にくく目の栄養となるビタミンB12に疲労回復を手伝うビタミンB6と、眼球に分布する末梢の副交感神経系を活性化させて目の調節機能を回復させるネオスチグミンメチル硫酸塩の入った『ソフトサンティアひとみストレッチ』をお買い上げいただいた。
 お客様には、担当医に市販の目薬を使ったことを分かってもらえるように、成分表示の部分をお薬手帳に貼って処方される薬と一元管理することを勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート