『イソジンうがい薬』は近年では風邪の予防に使いません。喉の痛みには抗炎症剤を

 お客様から『のどぬーるスプレー』を求められ、殺菌が目的であることを説明し、現に喉が痛いのであれば抗炎症剤のアズレン製剤を勧めたところ、『アズリートスプレー』をお買い上げいただいた。
 患者はご主人で痛み方と場所を確認することを勧め風邪開演かは見分けが難しいので食事は消化の良いものをとお話しした。
すぐに風邪薬に行かないのは良い判断と伝えた。

 お客様から甘草を求められたけれど、喉の痛みに知人から勧められ、その人は医療者ではないというため、単独で使うより『』のように他の生薬などと組み合わせるのが効果的とお話したところ、娘さんは『ペラックT』を使ってるというので、炎症を抑える甘草と炎症の原因となる物質の生成を阻害するトラネキサム酸が主成分になっており、患部の粘膜の機能を助けるビタミンも入ってることを説明し、お買い上げいただいた。
 まぁ、登録販売者の試験に合格している資格マニアの人もいるから、医療者じゃなくても詳しいかもしれないけれど、人から勧められた物については自身で調べ直すか専門家に確認することはしてもらいたい。

 お客様からうがい薬を求められ、まず『イソジンうがい薬』を案内したけれど、現に喉が痛むというため抗炎症成分のアズレン製剤である『パブロンうがい薬AZ』を勧めお買い上げいただいた。
 うがい薬にも、殺菌目的と炎症を抑える物とがあるから、その目的を最初に伝えてもらえると適切に案内できます。
 ただ、殺菌成分でのうがいについては、近年では体を守る菌まで倒して外的に対して無防備にしてしまうことと、細胞の修復を阻害するため患部の治りを遅くしてしまうことが指摘されているので、使用する機会は格段に減っている。
 風邪などの予防には、水道水で充分。

 お客様が『ヴィックスドロップ』と『浅田飴子供せきどめドロップ』を比較していて、後者をレジに持ってきたためヒアリングすると、子供が喉の痛みを訴えていて咳は無いというので、合わないことを説明して『龍角散ダイレクトトローチマンゴー』を案内すると味が気になるようだった。
 マンゴーの風味がどんな物か私も知らないため、『パブロントローチAZ』には白糖や果糖が入ってることを説明すると購入された。
 今夜は子供のリクエストでカレーというので、具材は小さくしておくことと食べ過ぎに気をつけるよう伝えた。
 喉が痛むときには食べ物が患部を擦るのも良くないし、胃炎などを喉の痛みと感じていることも想定されるため、あまり噛まないで済む食事を量を控えてが養生法となる。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート