「口内炎の薬」と一口に云っても、塗るのか貼るのか飲むのか? 患部の状態は?

 お客様が『トラフルダイレクト』を購入されるさいに、念のため同じパッチタイプの『口内炎パッチ大正クイックケア』との比較を説明したところ、患者が子供だということで、念のため本人に電話でどちらが希望か確認していただいた。
 『トラフルダイレクト』は基材が口の中で溶けて、『口内炎パッチ大正クイックケア』は溶けずに残る。
 溶けるほうが便利に思えるかもしれないけれど、食事のときに食べ物が患部に当たるのがツライのであれば溶けないほうが良いという判断もありうるし、残った基材は飲んでも大丈夫な素材でできている。
 子供からの返事は溶ける方を希望とのことで、そのままお買い上げいただいた。
 患部は噛んだからとのことだったから、どちらも同じ主成分で強い炎症に効果があることを伝えた。
 ただ、口内炎にはよくなるというため、神経性胃炎とも関係することをお話した。
 漢方薬の『半夏瀉心湯』は、効能書きに「神経性胃炎」と並んで「」とあるし、口に現れる症状は胃でも起きていると考えて、痛いと普通に食事をうするは難しいとはいえ、より消化に良い食事を選ぶのが養生法である。
 また、胃をいたわる意味でも患部の炎症を抑えるためにも、冷たい飲食物は避け、お風呂に入り体を温めるのも重要。
 体が患部を炎症させるのは、ウイルスなどの外敵と戦うために免疫機能を高めるのと、修復する材料を運ぶ血流を良くするためな。
 だから、患部にしみないようにとサラダなどの冷たい食事をしたり、気持ち良いからと冷たい物を飲むと、体の方は「もっと炎症しなきゃ」と張り切ってしまう。
 そんな体を落ち着かせるために入浴を勧めたけれど、子供はシャワーで過ごしてるというため、太い血管の通っている背中側に集中して浴びることを教え、食事は熱すぎない程度には温かいスープを勧めた。

 夫婦のお客様が『トラフルダイレクト』と『トラフル錠』を購入されるさいに、前者は溶けるタイプのパッチであることを伝え、溶けないパッチとの使い分けがありますと説明した。
 パッチが溶けるかどうかを知らない人は多いだろうし、塗り薬にしても強い炎症に用いるのか患部の修復を目的にするのか成分で変わるから、それらを踏まえて選ばれているかの確認は必要だろう。

 やや高齢のお客様から口内炎の薬を頼まれたけれど、ヒアリングすると口角炎だと分かり、『メディカルリップメントール』を勧めてお買い上げいただいた。
 胃炎を起こしている可能性をお話したところ、内容は不明なものの胃と血圧の薬が病院から処方されており、口角炎のことは担当医に伝えているそうだ。
 お薬手帳を持ち歩いてないなのは残念だけれど、ちょっとした不具合をちゃんと医師に伝えいるのは良いこと。
 科目が違うと言い出さない人がいるけれど、処方されている薬の副作用だったり、そもそも治療中の疾患と関係している可能性があるから、積極的に相談するのが吉。
 お客様には、おくすり手帳を持ち歩くようお願いした。
 こうして市販薬を買うときにも治療中の疾患や処方されている薬の確認は大事だし、出先で事故に遭った場合には処置の早さに影響するうえ、持病があるのであれば大規模な災害で避難したさいに、お薬手帳を持っていれば特例として医師の診察を受けずに薬を受け取ることができる。

 夫婦のお客様が来店し、成人の息子さんが口内炎によくなるというため、神経性胃炎の可能性をお話して『半夏瀉心湯』を紹介したうえで、強い症状に用いる塗り薬の『オルテクサー軟膏』と『口内炎パッチ大正クイックケア』を案内したところ、両方を購入された。
 念のため、同じくパッチタイプの『トラフルダイレクト』との比較を説明した。
 お客様には、温かい食事を勧めたけれど、入浴のことを話し忘れてしまった。
 頭の中でちゃんと整理ができていないと、こういうポカをする。
 反省(´・ω・`)

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート