肩こり・関節痛・腰痛、隠れた病気に気をつけて!

 お客様がジクロフェナクナトリウム製剤の商品ばかりを比較していて、『フェイタスZαジクサス』をレジに持ってきたのでヒアリングしてみると、実はよく分からなくて選んだとのことだった。
 どうやらジクロフェナクトリウム製剤ばかりを見ていたのは、偶然だったらしい。
 主訴は肩こりで、匂いのことを心配されたから匂いが強いのはサリチル酸メチルであることと、匂いも効能のうちと説明した。
 またヒヤッとするのが苦手とのことだったけれど、神経は痛みより先に冷たさを感じる仕組みになっているため、痛みを和らげる効果があることを説明した。
 この神経の仕組は、おそらく怪我よりも寒さのほうが生命の危機に直結するからと考えられる。
 いずれにせよ、ジクロフェナクナトリウム製剤は市販の中では浸透力も鎮痛効果も一番高いため、肩こりには良すぎてしまう。
 ただ、肩こりでも痛みを感じるということから、浸透力はあって鎮痛効果は少し落ちるフェルビナク製剤のテープ剤を使っていただくことになり、上半身を温めて血流を良くする『』も紹介してみた。
 ただ痛みを伴う肩こりは五十肩の他に心臓疾患でも起きることをお話して、続くようであれば念のため1回は病院を受診してみるよう勧めた。
 この話は変に怖がらせることになってしまいかねないから、お客様とお話をしながら大丈夫そう、あるいはあまりにも薬を使うことを安易に考えていて危なそうな場合に限っている。
 まぁ、その見極めが難しいんですが。

 子供を連れたお客様が『ハリックス55EX温感』をレジに持ってきたので、患部を温めて楽になる場合にはカイロで実際に温める方法もあることをお話した。
 温感とか冷感というのは、あくまで神経が感じる感覚でしかないため、大事なのは鎮痛成分のほう。
 するとお客様は、温めて症状は和らぐものの患部は肘とのことだった。
 動く部分なので貼り薬より塗り薬はどうかと勧めたうえで、成分による鎮痛効果と浸透力を説明し、『ハリックス55EX温感』のサリチル酸グリコールより効果の高いフェルビナク製剤のローションをお買い上げいただいた。
 ところがお会計が済んでから、以前に頚椎捻挫をしたことがあるそうで、今回は肘に痺れ感があるというため温めると改善するという点から『桂枝加朮附湯』の他に、痺れ感に対応する『疎経活血湯』を紹介したうえで、病院の受診を勧めた。

 お客様が『ハリックス55EX温感』を購入されるさいに、温感はあくまで感じるだけなので温めて症状が和らぐのであればいっそホカロンなどで直接温めることを勧めたところ、17歳の子供が運動で腰痛になったようなため疲労骨折の可能性もお話をして病院の受診を勧めた。
 怖がせてしまうと困るけれど、本人が親に痛みをどの程度正確に伝えているか分からず、スポーツでは同じ動きを反復することが多く、特定の部位に負担がかかって起こる疲労骨折は想定しておかなければならない。
 今回は可能性が低いから言わなかったけれど、慢性の腰痛の人が肝臓がんだったケースもあるから、痛みが酷くなってから病院に行こうとするより、早い段階で行って専門家の話を聞いておくというのは考えておいたほうが良い。
 本人は、今はインフルエンザで寝込んでるそうで、食欲はあるというため、食欲があっても普通に食べてしまうと消化にエネルギーを取られて回復を遅らせてしまうから、インスタントスープなどで内臓を休める食事をするよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート