手元に薬が無いと不安かもしれませんが、薬を使うリスクについても不安になって下さい

 お客様が『プレコール持続性カプセル』を購入されるさいにヒアリングしてみると、家族が咳はあり3日目くらいだそうなので、適応すると思われることを伝えた。
 正直、総合風邪薬が適応することはあまり無いから、たまに合いそうだとホッとする。
 なにしろ、「風邪をひいた」という人もヒアリングしてみると、喉の痛みだけというのがダントツで多く、少し咳がある程度とか、鼻水か鼻づまりというように、単独の症状に対応した薬で充分だったりする。
 起きてない症状の成分が体に入れば、体の方はそれを処理しなければならず、そのために無駄な体力を消耗し本格的な風邪に進行するなんてことにもなりかねない。
 今回の場合は、食欲はあるそうだが脳がエネルギーを欲しがってるだけで、内臓は弱っている可能性があるので、その食欲に騙されず内臓を休ませるよう伝えた。

 お客様から咳止めの相談を受けたのだが、発熱して病院で薬を処方されたというものの『ロキソニン』以外は覚えておらず、他に咳止めと去痰剤があった模様。
 咳止めは成分によっては、その副作用で体内が乾燥して咳になることがあると説明し、上半身を潤す『麦門冬湯』を紹介したのだが、現代薬を希望されて困った。
 去痰剤は継続しても問題の無い物が多いが、咳止めとなると処方された薬と成分が重複した場合、先述したように咳の原因となってしまう。
 なので『ストナ去痰カプセル』を勧めるも、咳止めをと強く望まれ、少しでも安全な物をと思い『新コンタックせき止めW持続性』を案内し、お買い上げいただくこととなった。
 でも本当は、こうしてお話している間に咳き込むことが無い程度ならば、もう咳止めは使わないほうが良いし、咳止めを飲むのをやめると出るというのであれば『ストナ去痰カプセル』でも充分に対応できる。
 手元に咳止めが無いと不安になるのかもしれないが、薬を使うコトのリスクについても不安に思ってもらいたいところ。
 かといって、ステロイド剤を極端に怖がるような感じでも困るが。
 胃熱を起こして体内が乾燥している可能性もあるため、柔らかく消化に良い食事にして、量を控えるようお話した。
 そしてなにより、市販薬を買う時にもお薬手帳があった方が良いことを伝えた。
 できれば、市販薬を買う前に病院か調剤した薬局に連絡をして、市販薬を使って良いかの確認をするのが望ましい。

 お客様から『トラフルダイレクト』を求められ、口内炎薬は患部の状態で成分を使い分けたり同じ貼るタイプでも、『トラフルダイレクト』のように基材が溶けるタイプと溶けないタイプで使い分けがあることを説明した。
 例えば、食事のときに食べ物が患部に当たっていたいという場合には、基材は溶けないタイプの方が良いだろうし、いっそ軟膏タイプを塗って、取れたら塗り直すほうが良い場合もある。
 患者は彼氏のようで、『トラフルダイレクト』をお買い上げいただいたのだが、会計後に『イブAア』を持ってきたので鎮静剤が入っており眠くなる可能性を伝えると無印の『イブ』に変更となった。
 一般に鎮静剤は「眠くなる」と思われて、自分は「眠くならないから大丈夫」という人がいるけれど、眠気は起きなくても咄嗟の判断力が落ちるので、車の運転などには本当に気をつけて欲しい。
 お客様はズキズキタイプの偏頭痛というため、それは胃の不具合と関係することと、痛みを伝達するのと胃の保護を指示するのは同じホルモンなので食事に気をつけるよう伝えた。
 胃の具合が悪くなって頭痛が起き、それで鎮痛剤を飲んで痛みが止まると胃の保護機能も止まって、そこへ普通に食事をすると胃を悪くし頭痛になるという悪循環に陥ってしまうからだ。

トラフルダイレクト
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート