傷に備えるなら消毒薬よりも抗生物質の塗り薬を! 患部の写真も撮って、経過観察しましょう

 お客様が『デシンA』をレジに持ってきたので、同じ消毒薬でも『マキロンs』とは処方が異なることを伝えた。
 それにつけても、『デシンA』を選ぶとは珍しい。
 価格が少し安いから?
 たいていの人が、『マキロンs』を選ぶ。
 そして処方の違いは、あまり知られていない。
 基本の消毒成分は同じで、『デシンA』には傷口の疼きを抑える局所麻酔が入っており、『マキロンs』には皮膚の修復を促す成分が入っている。
 考えられる使い分けとしては、小さい子供に使うのなら傷口の疼きを抑える『デシンA』の方が向いていると考えられる。
 しかし今回は、ご主人が怪我をして患部が膿んでいいるうえ痛むようなので、消毒薬では対応が追いつかないことを説明した。
 家に抗生物質と書いてある薬はあるが尋ねると、あるというためそちらを使うよう勧めたけれど、消毒薬は頼まれ物でもあるとのことでている『マキロンs』に変更して購入された。
 また、うちの店には置いてないけれど、飲み薬として『排膿散及湯』を紹介した。
 名前の通り、オデキなど患部が膿んでしまった場合に適応する漢方薬である。
 それにつけても、そんな患部の状態で消毒薬を使おうと考えてしまう、ご主人が心配。
 病院を受診するか、そうでなければ電話ででも良いから利用したことのある調剤薬局に相談するか、店頭に直接買いに来てもらいたい。
 いや、せめて奥さんには消毒薬を買ってくるよう頼むのではなく、店頭で相談することこそを頼んでほしかった。
 そのときには、患部の写真も撮っておいてもらえるとなお良い。
 患部の経過観察にも、写真を一定期間ごとに撮っておくと役に立つ。

 幼児を連れたお客様が『マキロンs』をレジに持ってきたさいに、傷口の疼きを抑える成分の入った『デシンA』もあることを伝えると置き薬にするというため、消毒薬で済む程度の傷であれば水道水で充分なことを説明した。
 もし消毒薬を備えておくとすれば、流水の確保できない野外に行くとか、開封せずに大規模災害時に持ち出す避難袋に入れておくなどだ。
 常備薬としては、患部が膿んだ場合に備えて抗生物質があった方が安心なことをお話しすると、『テラマイシン軟膏』をお買い上げいただいた。
 それから、空間除菌を謳う『クレベリン』について尋ねられたので、手洗いと手の触れる物の拭き掃除の方が有益とお話した。
 いくら実験室で効果があったと示されても、密閉された空間と、普段生活している人の出入りのある空間とでは条件が違う。
 また、効果のある濃度では健康被害が出る恐れだってある。
 実際、気持ち悪くなったとか喉が痛くなったという報告はあり、小さい子供がいたりペットを飼っている家庭では注意が必要。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート