患者さんが使った薬が、適応するはずなのに効かないというケースも

お客様が『イブA』をレジに持ってきたさいに無印とは違って鎮静剤が加わっている物で良いか確認すると、頭痛に『イブA錠EX』を使って効かなかったとのことだった。

それだと『イブA』の方が鎮痛剤である肝心のイブプロフェン濃度が薄くなるうえ他の処方内容は同じなので、イブプロフェンとアセトアミノフェンという2種類の鎮痛剤を重ねて鎮静剤は入っていない『バファリンルナi』を案内して変更となった。

CT検査では異常を認められなかったそうだが、吐くこともあるというため『呉茱萸湯』を紹介した。

ズキズキして吐くタイプの頭痛は、胃の不具合と関係することが多く水分代謝の異常も影響するからだ。

なので、このタイプの頭痛に対処するには食事を消化の良い物に切り替える必要があり、体も安静にした方が良いから鎮静剤入りの鎮痛剤というのは、本来は悪い選択ではないのだけれど、人間の体は機械ではないから上手くハマらないケースというのもある。

そんなお話をすると弟さんが薬剤師の卵だそうなのだけれど、あまり相談に乗ってくれないという。

ああ、専門職だったり勉強中の人は身内には冷たいものですからね。

仕事関係の話を家に持ち込まれるのを嫌うし、勉強中となると、まだ専門的なことを自身に落とし込めていないしで。

ちなみに、頭が締め付けられるタイプの頭痛は肩こりと連動していることがあって、こちらは鎮静剤を使うよりも血流を良くすることが大事なので、鎮痛成分だけの物を選び、『葛根湯』との併用も検討すると良い。

朝方に頭や目の奥が重く感じて午後にかけて楽になるタイプなら、血圧が関係するかもしれないので鎮痛剤を使いよりは『釣藤散』を試してみるという方法が考えられる。

いずれにしても、鎮痛剤にも種類があるように頭痛にも種類があるので、店頭での相談はしてもらいたいところ。

常連のお客様から、成人の息子さんの喉の痛みと咳の相談を受けたので『パブロンSせき止め』を案内したけれど、1日2回の物を希望されたため『プレコール持続性せき止めカプセル』を勧めて、お買い上げいただいた。

実のところ、現代薬の咳止めの中では『プレコール持続性せき止めカプセル』の方が体への負担が少しは少なくて安心。

息子は仕事で声を使うとていうので『銀翹散』を紹介し、うちのお店には置いていないけれど『響声破笛丸』も勧めてみた。

それから喉の痛みや咳というのは、胃の不具合が影響していたり、反対に喉の炎症が胃へと広がることがあるため、消化に良い食事で量を控えるようお話すると「食欲はある」というため、内臓を休めた方が養生になりますとお話した。

若いお客様が『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みだけというので鎮痛剤を提案したところ、家に『イブA』があるというため先に使うよう勧めキャンセルとなった。

買わないことを謝られたけれど、「構いません」と伝えた。

薬は必要なときに必要な物だけを買えば良いので。

そしてついでながら、炎症している患部を食べ物が擦るのも良くないため、噛まないで済む食事をするよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート