薬剤師でないと販売できない薬の症状に、他の候補の薬が無いか確認を

 お客様から胃痛の相談を受け、揚げ物を食べたのが原因に思い当たるそうで、いつもはならないとのお話から『ガストール』を案内するとともに、患部を保護する『スクラート胃腸薬』を乗り換え先として紹介し、前者をお買い上げいただいた。

 よくお店には第1類医薬品で薬剤師がいなければ販売できない『ガスター10』を求めて来店されるお客様がいるけれど、成分が違いうとはいえ似た働きをする『ガストール』を試してもらえないのは、残念に思っている。

 お客様には、症状に合わせて薬を選んだ方が良いので、そのつど相談する方が望ましいことを伝えると、「ありがとう」と言っていただけた。


 若いお客様が点鼻薬を人から頼まれたとのことで症状を確認すると、鼻づまりというため、ステロイド剤の『パブロン鼻炎アタックJL』をお買い上げいただいた。

 鼻水と鼻づまりとでは体の中で起きていることが違い、鼻水は内臓が冷えている時に起きる症状で、鼻づまりは鼻の奥の血管が炎症して膨らんで起きるから、同じ点鼻薬でも炎症を抑える成分の入ってるものを選んだ方が効果的である。

 そして確認しておきたかったのが、鼻汁が喉に落ちてくるかどうかなのだが、お客様は分からないとのことだった。

 鼻汁が喉に落ちてくるようだと胃が悪くなっている可能性が考えられ、鼻づまりは胃炎と連動することがあるため、鼻汁が落ちてくるようであれば食事を消化の良い物に切り替えると回復の助けとなる。

 薬を頼んだ本人は入浴せずにシャワーのみというため、体内の熱が上に昇って降りてこないのも鼻づまりを治りにくくしていると考えられるので、熱を血流で循環させるためにも入浴した方が良いことを説明したうえで、シャワーの浴び方を教えた。

 太い血管が通っている背中側に重点的に浴びたいから、髪や体を洗っている間は背中をシャワーに向けるのだ。

パブロン鼻炎アタックJL

 お客様から『ロキソニン』を求められ、化学構造式の似たイブプロフェン製剤での代用を提案したけれど、頼まれ物とのことだった。

 主訴は頭痛というため、頭痛にも種類があることを説明したうえで、薬剤師のいる他の店を紹介した。

 本人は車椅子だそうで、調剤してもらってる薬局に相談するよう勧めると「遠い」というというから、電話でも相談に応じてもらえることを伝えた。

 また『ロキソニン』は薬剤師のいるお店でなければ入手できない点が不便だし、『ロキソニン』は効くのが早い代わりに効果を失うのも早いので、薬剤師に『ロキソニン』以外の鎮痛剤の相談もしてみるよう勧めた。


 お客様から、『麦門冬湯』と併用できる現代薬の咳止めをとの注文を受けた。

 やけに具体的だなと思ったら、以前に私に紹介された物があるというため、おそらく『ブロン錠エース』だろうと思われる。

 同じブランド名の『ブロン錠』と違い、喉を潤す成分が入っており、『麦門冬湯』もまた上半身を潤すのが目的だからだ。

 成人の娘さんが使うとのことで両方を購入され、雨の合間の晴れた日には食事に注意するよう伝えた。

 体の方は炎症して患部を治したい理由があるから、雨が続いていると体内は熱を出そうと頑張っており、晴れて暖かくなった日に冷たい物を飲むと、体の方は余計に炎症させようと内臓に熱を持ち、それによって体内が乾燥し咳になるからである。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。