「飛行機のほうが速いからといって移動手段として車の代わりになるとは限らない」

 やや高齢のお客様から膝の痛みの相談を受けヒアリングしてみると、何かの瓶の蓋を開けようと踏ん張って痛めてしまったそうな。
 衝撃を受けたのとは違うけど捻挫のようなものと説明し、フェルビナク製剤を勧めたところ液剤の購入を決められた。
 他に水虫の相談もされ、昔になったさいは病院に行ったものの今回は受診しておらず、安易には勧められないことをお話したうえで、『ブテナロックVα』をお買い上げいただくこととなった。
 近所の某ドラッグストアでは薬を買う時に、そういう説明をされたことが無いと、お礼を言われた。
 あそこには良い薬剤師さんがいるのだけれど、その人のいない時間帯だったのか、お店が混んでいたのだろうか。

ゼノールエクサム SX

 お客様が『バファリンA』を購入する前に『イブ』シリーズと比較していたのでヒアリングしたところ、歯痛に使うというので、アスピリン製剤は末梢神経に効果的なことを伝えた。
 末梢神経というのは神経の末端のことで、いわば「痛い場所」に効くんである。
 鎮痛剤としては、『イブ』の名前にもなってるイブプロフェン製剤のほうが何倍も強いという言い方もできるのだけれど、飛行機のほうが速いからといって移動手段として車の代わりになるかというと、そうとは限らないのと同じようなもの。
 あとお客様には、ズキズキするタイプの頭痛の場合には、胃の不具合も関係するため、食事に気をつけなければならない事をお話した。

 子供を連れたお客様が子供用の風邪薬と『葛根湯』を見ていて、『パブロンKidsかぜ錠』をレジに持ってきたのでヒアリングしたところ、主訴は鼻水だけで他に症状は無いというため、『葛根湯』の方が上半身を温めて効果的なことをお話して変更となった。
 鼻水というのは、内臓の冷えからくる症状だからだ。
 また、『葛根湯』より温める力の強い『小青竜湯』も紹介してみたら、スポーツの後にファミレスで食事をして冷えたようだとのことだった。
 帰ったら入浴して温かい物を積極的に飲み、下半身に厚着をするよう勧めた。
 厚着というと上だけを考えがちだが、「頭寒足熱」という言葉もあるように、お腹周りから下を温めることが重要。
 正直鼻水だけであれば、体を温めたら薬を飲まずに治ってしまう可能性が高い。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート