風邪の症状がいっぺんに出るということは少ない

 夫婦のお客様が来店し、『のどスプレー』をレジに持ってきたけれど、殺菌・消毒がメインなことを説明し、実際に喉が痛いのであれば抗炎症効果のあるアズレン製剤の方が良いと伝えると、変更になった。
 患者はご主人で、急いでる様子だったため消化の良い食事にするなどの養生法を伝えることができなかった。
 商品を選んでる時間で相談してもらえれば、お話できたのだけれど。
 喉が痛むのは風邪の前兆だったり、胃炎を起こしていたり、花粉などの異物に反応していたりと、それだけでは原因が分からない。
 だから、決め打ちで殺菌系を使うより抗炎症剤の方が良い訳だけど、いずれにせよ繋がっている胃との関係と、炎症している患部に食べ物が擦るのも良くないから、噛まないで済む食事に切り替えるのが養生法となる。
 また、体は炎症して患部を治したい理由があるので、冷たい物を飲食すると「もっと炎症しなきゃ」と変に頑張ってしまうため、温かい物を積極的に飲んだり入浴したりして、体に「無理に炎症しなくても大丈夫」と教えてあげるのが良い。

 この間、鼻づまりに『ロートアルガードクイックチュアブル』をお買い上げいただいたお客様が再訪し、『新ルルAゴールドDX』をレジに持ってきた。
 鼻づまりは解消したものの今度は咳とのことで、しかしタバコ臭かったため『ダスモック』(清肺湯)を紹介すると、変更となった。
 1回や2回の相談だけでは、なかなか最初から相談してもらえる関係にはなれないんだよねぇ。
 『新ルルAゴールドDX』を選んだのは常備薬にするつもりだったというものの、風邪の症状がいっぺんに出るということは案外と無いので、鎮痛剤と鼻炎薬と咳止めの3種類をバラバラで揃える方法を勧めた。
 というのも「クスリはリスク」で、副作用がつきもの。
 総合風邪薬の場合なら、咳止め成分によっては体をだるくさせて風邪と戦う抵抗力が低下し、鼻水を抑える成分が体内を乾燥させて咳の原因となることもある。
 そして、どの副作用が強く出るかは分からないので、総合風邪薬を飲むことにより「風邪の症状」なのか「副作用」なのかが判別しづらくなってしまうのだ。
 つまり、初期の症状の段階で総合風邪薬を使うよりも、最初に出た症状から対処していけば、本格的な風邪に進む前に終わらせることもできるので効率的。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート