隠したい理由があるのか、隠してる気は無いのか

 お客様から乾燥肌にとミルクローションを求められ化粧品コーナーを案内したが、探してる銘柄が無いということで『HPクリーム』を紹介したところ購入された。
 ヘパリン類似物質は傷口に塗ってしまうと血が固まらなくなるので気をつけるようお話ししたら、『ワーファリン』を服用していると分かった。
 今回は問題は無いとはいえ、先に教えて欲しい(;´Д`)
 塗り薬や貼り薬が、飲んでいる他の薬と影響してしまう可能性もあるので。
 ちなみに、ヘパリン類似物質でつが止まらなくなると言っても失血死するとか、そんな大変なことになる訳じゃありません、念のため。
 ただ、あかぎれしている手に塗ってしまい、白衣の袖口に血が付いてて驚いたのが私です……。

 お客様から『ロキソニン』を求められ薬剤師がいないため置いていないことを伝えたうえで用途を尋ねると、ネットで「胃に優しいと見た」というためそのサイトを確認させてもらったところ、ドラッグストアのページだった。
 薬剤師が書いてるようだから問題は無いとはいえ、営業目的のページの解説というのは、やはり宣伝文句でもあるから慎重に考えざるを得ない。
 それに『ロキソニン』が胃に優しいというのも『バファリンA』などのアスピリンと比べればの話で、胃の血管を細くする副作用はあるし、痛みの種類や程度によっては化学構造式の似ているイブプロフェン製剤でも対応できることを話しすると、家に『イブA』があるとのことで、お帰りになった。
 それが効いていないのであればともかく、わざわざ『ロキソニン』に乗り換える必要は無いだろう。
 お客様からは『ビオフェルミンS』のような整腸剤と併用して良いか尋ねられたので、大丈夫と答えたのだが、以前は『ガスピタン』を使っていたとのお話だった。
 ガスが気になってたのかな?
 しかし、ここまで書いておいてなんだが、結局お客様からは主訴を聞き出すことができなかった。
 うーむ、未熟。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート