連用や併用に気をつけるのは、鎮痛薬や風邪薬だけではありません

 やや高齢のお客様が『パンシロンキュア』を購入されるさいに、他に服用してる薬の有無にを確認すると以前に逆流性食道炎と診断されたものの今は何も薬は飲んでいないというお話だったのだが、胃薬は血圧の薬との飲み合わせにも気をつけるようお話すると、実は服用していると分かった。

 しかも『太田胃散』を毎日飲んでいるというため、担当医に報告するよう勧めた。

 胃薬の中には血圧を上げてしまうナトリウムを含んでいる物があるし、胃酸の出過ぎを抑えるために、わざと胃腸の働きを鈍らせるロートエキスが入っている物もあるから、他に使っている薬や持病の確認は欠かせない。

 ところが鎮痛薬や風邪薬は連用や併用を気をつける人がいても、胃腸薬を同じように気にする人がいないのは困ったところ。


 お客様から鼻を洗浄する『ハナノア』を求められたけれど、季節商品で既にメーカーに返品してしまったことを伝え、塩水でも対応できることをお話しした。

 また、鼻水と鼻づまりでは起きていることが違うことを説明した。

 鼻づまりは鼻の奥の血管が炎症して膨らむことで起きるのに対して、鼻水は内臓が冷えると起きる。

 ただし対処法は同じで、鼻づまりは上半身に昇って篭もってしまう熱を下ろし、鼻水は体内を温めるのが有効だから、入浴して下半身を温めることにより血流での循環を良くすると、どちらの症状も軽減させられる。

 そうお話すると『ハナノア』は頼まれ物で、本人はシャワーのみというため太い血管の通っている背中側に重点的に浴びるよう勧め、本人にも伝えて下さいとお願いした。

ハナノア

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。