薬を正しく使ってる人のほうが珍しい?

 お客様から『』の大容量を求められたのだけれど、品切れのため同じ成分の『フェキソフェナジン錠』案内した。
 ただ、お客様の花粉症の終わる時期があと少しとのことで、『』の小容量の物を購入された。
 ちゃんと、連続使用することをご存知なのは幸い。
 病院で処方されて薬剤師の説明を受けた人と違い、自身で店頭で購入した患者さんの中には、花粉が飛んでいない雨の日なんかに服用するのをやめてしまい、薬効が弱まり発症してしまう人もいる。
 『アレグラ』や『』のように、アレルギーの原因物質に体を反応させないための薬は、その運用法を誤ると意味が無くなってしまうから、気をつけてもらいたいところ。
 また、花粉症は第二の脳と呼ばれる腸の機能が低下して、敵味方の識別を誤ることによる身体の防衛機構の暴走なので、腸の働きを助けると症状を軽減できることを説明した。
 手軽な方法は、とにかくお腹周りを温めること。
 しっかりと入浴をし、入浴できなければ太い血管のある背中側にシャワーを重点的に浴びて、気温が高くて上半身は薄着をしても下半身は厚着しておくこと。
 そして、漬物や乳酸菌飲料などを摂取して腸内環境を整えるとともに、腸が忙しくならないよう食べすぎに注意する。
 健康な人でもなるのが花粉症と言われてはいるけれど、やはり体に無理をさせない方が良いのだ。

 若いお客様が『』を購入されるさいにヒアリングすると、以前から使っていて運用方法の説明を受けてるとのことだった。
 ここのところ、「知らなかった」という人が続いていたので、正しく使っている患者さんがいることが嬉しい。
 なんだか、一年分の運を使い果たしたのではないかと思うくらい。
 ただお客様は、たまに症状を抑えきれない時があるというため、点鼻薬や目薬の併用も検討するようお話した。
 それから、腸を温めて消化に良い食事をするようにと伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート