病院で処方された薬が効かなかったり問題があったら、その相談はまず調剤した薬局か担当医に

 お客様が『コーラック』などを見ていて『3Aマグネシア』をレジに持ってきたので、価格の安い『ナチュラル便秘薬』も紹介してみた。
 それと、病院で『酸化マグネシウム』が処方されていたと分かり、しかも続けていたら下痢したというため他の薬への乗り換えを提案し、『オイルデル』を案内するとそちらを購入された。
 その名前の通り、腸内の滑りを良くする処方で、漢方薬では『麻子仁丸』に近い。
 便通については週に1回だというから、確かに薬で助けなければならないだろう。
 週に2~3回程度で、お腹が張ったりといった苦満感が無ければ、無理に薬を使う必要も無いのだが。
 それにつけても、処方薬を続けていて問題が起きたのに、どうして先に薬局か病院に相談しなかったのだろう。

 お客様から、花粉症に他のドラッグストアで勧められた『ハリー鼻炎FX』という薬が効かないと相談を受けて調べたところ、プライベートブランドのフェキソフェナジン製剤だった。
 エピナスチン製剤もそうだが、この薬は花粉に身体を反応させないのが目的だから、症状が出てからでは遅く、予防薬として早め早めに使うのが効果的なことを説明して、まずは他の薬で症状を抑えた方が良いため『パブロン鼻炎カプセルSα』と『パブロン鼻炎速用錠』を紹介した。
 何故か速溶錠は効かない気がするとのことで、カプセルの方の購入を決められたが、その理由が、また「病院で処方されたアレグラが効かなかった」というお話だったため、その薬も成分はフェキソフェナジンであることを改めて説明した。
 それから花粉症の症状が強く出る人や出る場合は、腸の機能が低下している可能性を伝えた。
 花粉症は花粉を敵だと勘違いして攻撃してしまうことで起きるのだが、その敵味方の識別をしているのが腸なのだ。
 ヨーグルトが花粉症に効くという話があるのも、あれはヨーグルトが効くというより、腸の働きが整うと敵味方の識別も正確になって、花粉を敵ではないと認識することによる。
 そこで腸の働きを助けるのが良いのだけれど、一番分かりやすく簡単な養生法は体を温めること。
 積極的に温かい物を飲んで、湯船にちゃんと入って入浴をし、上半身は涼しい格好をしても下半身には厚着をすると良い。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート