総合風邪薬を使うというのは、体に風邪と喧嘩するのをやめさせるようなもの(なお、体の味方はしない模様)

 お客様が『ベンザブロックS』をレジに持ってきたさいにヒアリングすると、鼻炎の他に症状は無いというため、咳止めと解熱の成分が体に負担になることを説明して鼻炎薬を提案してみたけれど、そのまま購入された。
 鼻は喉を通って胃までつながっていて、鼻の症状は胃の不具合とも関係するので、消化に良い食事をするようにと伝えた。

 上記のお客様の後ろにいて、『エスタックイブファイン』のお会計をしようとするお客様が、さっきの話に興味を持たれたようなのでヒアリングしてみると、症状は喉の痛みだけとのことだった。
 総合風邪薬は咳が出てから使うようにとお話ししたところ「そうなの?」と訊かれたため、喉の痛みだけなら鎮痛剤で充分ですとお答えした。
 そのまま購入されたけれど、家に鎮痛剤があれば先に使ってみるよう伝えた。
 咳や鼻水は体に侵入した異物を外に出そうとする生体防御の反応だし、熱を出したり炎症するのはウイルスや菌を倒すため、あるいは血流を良くして不要な物を回収し必要な物を配分するため。
 それらを薬で止めるということは、体に病気と戦ったり体を修復するのを中止させるということでもある。
 つまり総合風邪薬は、それらが全部入りな訳で、お得なことなど何も無い。
 総合風邪薬を使うというのは体が敵と喧嘩をするのを止めて、なおかつ敵からボコられるままにしておくようなものなのだ。
 だから私は、起きている症状に合わせて使う薬の種類を絞り、体の機能を残しておく方法を提案している。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート