皮膚疾患の薬選びは、患者さん本人がいないと難しい

 高齢のお客様から、ご主人の痒みの相談を受け、本人は乾燥のせいと言ってるようだが詳しくは分からず、患部は赤くはなってはいないとのことだった。
 皮膚疾患も胃薬と並んで、本人にヒアリングできないと難しい。
 乾燥だとすれば、保湿のためには三つの方法が考えられる。
 まずは『ワセリン』で表面を覆って、水分が蒸発するのを防ぐこと。
 次に、ヘパリン類似物質で血流を良くして潤いを保つこと。
 三つ目は、少し刺激があるが尿素で水分を皮膚の中にガッチリと留め置くことである。
 そう説明したうえで、痒み止めを主体とした『ユースキンiローション』と、痒み止めに尿素入りの『メンタームEXプラス』を案内したところ、後者をお買い上げ頂いた。
 お風呂上がりに痒みが強くなり、熱いお湯に入っているというので、それだとお湯に入った時に血管が縮こまって血流が悪くなり、お風呂を出ると血管が一気に開き、勢いのついた血流が血管の中を擦って炎症してしまい、痒みの原因と考えられることを説明し、初めにぬるいお湯に入ってから追い焚きをする方法を勧めた。
 それに熱いお湯に入るというのは、命にも関わることを伝えた。

 若いお客様が『太田胃散』を購入されるさいに、花粉症など鼻炎の薬を服用しているかの有無を尋ねると、飲んでいないとのことだったが、『ロキソニン』を頭痛に使っているというお話があったので、ズキズキするタイプの偏頭痛ならば胃の不具合と関係することを説明し、痛む時には食事を消化の良い物にするよう勧めると、「やってみます」とのお返事だった。
 ちなみに、『太田胃散』と一部の鼻炎薬を一緒に服用すると、鼻炎薬の効果を落としてしまう可能性がある。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート