薬は剤形よりも成分が大事! 探してる薬と似た処方の薬が家にあるかも?

 夫婦のお客様から奥さんの喉の痛みの相談を受け、「ヴィックスドロップ?」はと尋ねられたので、消毒程度と自身の唾で喉が潤うだけと説明して、抗炎症成分の入っている『パブロントローチAZ』と『マードレトローチ』を案内したところ、今度はやっぱり「トローチの方がいいの?」と訊かれたため、剤形よりも成分が大事なことをお話しして、『パブロントローチAZ』をお買い上げいただいた。

 普通に食事をしていると患部を食べ物がこすってしまい良くないから、喉が痛む段階で噛まないで済む食事に切り替えた方が良いと伝えた。


 お客様から『オイラックスソフト』を求められ、取り扱っていないことと、『オイラックスA』に血流を良くするビタミンEを加えた物であることを説明し、たいして両者に違いは無いと伝えたところ、顔に使いたいとの話だった。

 そして処方的には『ムヒSクリーム』も近いことをお話すると、家にあるそうでお帰りになった。

 ただ、使うのが顔だということだったので、もし目の近くであれば抗炎症成分や痒み止め成分の入った目薬を塗る方法もあることを伝えた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.