鎮痛剤にも性格があるので、痛みの種類、痛み方をお伝え下さい

 お客様から『ロキソニン』を求められ、薬剤師のいないうちのお店には置いていないことを説明し、イブプロフェン製剤での代用を提案したところ、以前に『バファリンA』は効いたけど『イブ』は効かなかったという。

 ん?

 と思い主訴を尋ねてみると歯痛とのことなので、末梢神経に働きかける『バファリンA』の方が効いたというのはありえる話だ。

 それならば『バファリンA』の方が良いはずなのだけれど、どちらとも違う他の薬を試したいと言われたので『新セデス錠』を紹介すると購入された。

 お客様のお話では頭痛に『イブ』は効いたというから、鎮痛剤にも性格があって、痛みによる向き不向きがあることを伝えた。

 頭痛の方はズキズキするタイプのようなので、それは胃の不具合と連動していると考えられ、そういう時には消化の良い食事に切り替えると楽になる可能性をお話しした。


 お客様が総合風邪薬の『クニヒロ』をレジに持ってきたけれど、今回の主訴は喉の乾燥感と咳と鼻炎で、家には無印の『イブ』があるというため、熱が出ていないのであればと鼻炎薬を提案した。

 すると咳の方が気になるというので、喉を潤す成分の入っている『ブロン錠エース』を案内して、鼻と喉は繋がっているので片方の症状が改善すれば鼻炎の方も軽減することが期待できますとお話ししたところ、購入された。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket