鼻をかむ時には鼻に優しく、負担をかけ過ぎてはいけません

 お客様から打撲の相談を受け詳しく訊くと、2日前に膝の横をぶつけてしまい、今さっきまたぶつけてしまったそうで、サポーターをした方が良いかと尋ねられたので、外用消炎剤を使うことを勧め、インドメタシン製剤を案内したところ、『バンテリン液EX』をお買い上げいただいた。

 本来は、ぶつけた初日に氷水を入れたビニール袋などを当てて冷やすのが良かったのだけれど。

 ともかく、痛みが一週間ほど続くようであれば病院を受診するよう伝えた。

 ほんの打撲だと思っていても、ヒビが入っていたり剥離骨折している可能性もあるので。


 お客様から鼻風邪の相談を受け、患者は彼氏で『パブロンSα』を飲んでいたとのことだった。

 主訴は鼻水と鼻づまりというから、悪くはないと伝えたうえで(本当は避けてもらいたかったけど)、咳は無いそうなので鼻炎薬を提案した。

 すると、蓄膿症の手術をしたことがあるとの話から、鼻水と鼻づまりが行ったり来たりする時に使う『葛根湯加川きゅう辛夷』と、鼻が詰まる一方で寝苦しい場合の『荊芥連翹湯』の他に、鼻が詰まって鼻汁が喉に落ちてくる症状に向いている『辛夷清肺湯』を紹介した。

 鼻汁が喉に落ちるかは分からないとのことだったが、『チクナイン』(辛夷清肺湯)を購入された。

 また、鼻の症状は胃の不具合とも関係するので、しばらくはスープなどの温かく消化しやすい食事をさせるよう勧めた。

 また、彼氏は激しく鼻をかむというから、それはやめさせるよう、お話した。

 鼻づまりというのは、鼻の奥の血管が炎症して膨らむことで起こる症状だから、激しく鼻をかんでしまうと「高圧力」と「高速の突風」が狭い鼻腔に負担をかけて余計に患部を炎症させてしまうのだ。

 それとシャワー派だというので、血流を良くして体内の熱を循環させるために、背中側に浴びるのが養生となることを伝えた。

 暖かい空気は上に昇るから、炎症による熱を降ろすのが効果的で、それには下半身を温めるのが良い。

 そういう意味では、環境的に入れない理由が無ければ入浴するのが最善である。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket