「CMで見た」と云われても、同じCMを見ているとは限らないのでメモを忘れずに

 お客様が『パブロンエースPro』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みと鼻水であり咳は無いというため、鼻炎薬にも喉の痛みの効能が書いてあることを説明したうえで、鼻水は体を温めて対処し『ペラックT』を使う方法もあることをお話ししたところ変更となった。

 家に鎮痛剤があれば、『ペラックT』と併用できることを伝えたが、持っていないとのことだった。

 喉の痛みも鼻水も、繋がっている胃が関係している可能性があるので、 早い段階で消化に良い食事に切り替えてしまった方が症状が進まないで済むことを説明した。

 熱が出て寝込んでから、うどんやおかゆにしようという人は多いが、消化をするのにもエネルギーを使うので、それでは手遅れなんである。

 それでいて、咳が出ていない段階で総合風邪薬を使うというのは、体が病気と戦おうとするのを邪魔してしまい、早すぎるので注意が必要だ。


 お客様が『葛根湯』の液剤を見ていて、「液剤と顆粒を一緒に飲むと効くというCMを見たが、本当か」と質問されたのだけれど、そんなCMは見たことないし、お客様もメーカー名を覚えていなかった。

 ご主人から頼まれたとのことで、上半身を温める『葛根湯』は喉が痛いときや咳が出ているときは駄目だし、発熱してからでは使えないことを説明したうえで、すでに発熱している場合には『麻黄湯』を、熱が下がった後の体力の維持に『柴胡桂枝湯』をと紹介したところ、『葛根湯』『麻黄湯』を購入された。

 お客様には『葛根湯』は早め早めに使うのが効果的なので、家に置いておくよりは持ち歩くことと、風邪かなと思ったらすぐに食事を消化の良い物に切り替えるよう勧めた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket