喉の痛みに抗炎症系ののどスプレーが選ばれない不思議

 成人の親子のお客様が傷薬の『メモA』を見ていたので声をかけてみると、息子さんがカミソリ負けとのことだった。
 出血の跡があり、今までは『オロナインH軟膏』を使っていたというので、化膿した場合には抗生剤を使うようお話しした。
 また、『オロナインH軟膏』は『ワセリン』に消毒薬を混ぜたような物なので、普段は『ワセリン』でも良いことを伝えると、『テラ・コートリル軟膏』と『ワセリン』を購入された。
 それから、患部は触らないのが大事なので普段は『ワセリン』で患部を保護して、手が肩より上に上がりそうになったら意識的に手を下げるようにとお話しした。

 お客様が『のどぬ~るスプレー』をレジに持ってきたけれど消毒系だから、実際に喉が痛いのであれば抗炎症剤の入っている物をとお話しして、アズレン製剤に変更となった。
 アズレン製剤であればスプレーに限らずトローチでも良い事を伝え、食事は患部を擦って刺激しないように噛まないで済む物にするよう勧めた。

 お客様が『のどぬ~るスプレー』をレジに持ってきたので、消毒系で良いのか確認すると、痛みがあるというためアズレン製剤の『アズリートスプレー』に変更となった。
 そして食事の予定を尋ねて、噛まずに済む食事をするよう勧めた。
 商品の知名度ということもあるのだろうけれど、私からするとどうして喉が痛むのに消毒系の『のどぬ~るスプレー』を選ぶのか分からない。
 アズレン製剤ののどスプレーのパッケージには、ちゃんと「」とか「のどの痛み」と書いてあるのに選ばれない不思議。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート