他の薬の候補があっても、先に買われた薬があると変更を勧めにくい

 お客様が『ルルアタックEX』をレジに持ってきたけれど、主訴は鼻炎と喉の痛みで、もう一週間くらい経っており、咳は無く鼻炎は大したことはないというため、鎮痛剤の『イブ』と喉の炎症を抑えるトラネキサム酸に甘草を加えた『ペラックT』の併用を提案したところ、「任せる」と言われ、両方をお買い上げいただいた。
 お客様には夕食が決まってなければ、うどんやスープなど温かくて消化しやすい物を選ぶように勧めた。
 喉への刺激を避けるのと、内臓を休めるためである。

 お客様が『新ルルAゴールドDX』を購入したけれど、患者である奥さんの主訴は体のだるさだそうで、喉は少し痛むだけというため鎮痛剤だけを使うことを勧めたところ、家に生理痛の薬があるとのことだったから、本剤は咳が出てから使うように勧めた。
 本当は、体がだるいというから身体機能を抑制してしまう鎮痛剤よりも、抗炎症剤の『ペラックT』の方を勧めたいところ。
 でも、先に総合風邪薬を買われてしまっては、変更までは勧めにくい。
 お客様に消化に良い食事をするようをお話したところ、「パンだけ?」と尋ねられたので、エネルギーになっても消化に悪い炭水化物より、具は少なくてもビタミンなどの栄養を吸収しやすい温かいスープをと勧めた。
 風邪をひいて体を休めるというのは、内臓も含めて休ませることですと付け加えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート