薬は成分の種類が多いほうがお得!? 損得で考えたら、体への負担は損だと思います

 夫婦のお客様が『パブロンSα』と『パブロンAゴールド』を見ていて、レジに持ってきたのが『総合風邪薬クニヒロ』と『バファリン A』だったのでヒアリングしたところ、置き薬とのことでそのままお買い上げいただいた。

 ただ、総合の風邪薬には必ずと言っていいほど咳止めの成分が入っており、不要な成分を体は処理しなければならず、体に負担がかかっしまう。

 だから鎮痛剤と鼻炎薬と咳止めを別々に用意しておいて、症状に合わせて使う方法もあることを伝えたところ、いつも喉の痛みから始まるというので、そういう時には風邪薬の前に『バファリンA』を使うようにとお話しした。

 また、喉の痛みだけだと風邪とは断定もできなくて、胃炎の可能性があるため、早い段階で消化に良い食事に切り替えるよう勧めた。


 親子と思われる成人の女性が、『パブロンメディカルT』と『ペラックT』で迷っているようだったので声をかけてみたところ、主訴が喉の痛みのみとのことから、後者を勧めてお買い上げいただいた。

 患者である本人は風邪と断言していたけれど、風邪かどうかは職能的にも法律的にも医者でなければ診断はできず、喉の痛みは胃炎など他の可能性もあることと、どちらにしても噛まないで済む食事をと勧めたところ、もう夕飯は食べたとのことだった。

「では、明日の朝を消化の良い物に」と伝えた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket