「ネットで見た」のその後に、相談するのも忘れずに

 お客様が『パンシロンキュア』を購入されるさいに、念のためヒアリングすると食べ過ぎとのことだったので、適応することを伝えた。
 ただ、自分の定番の薬とのことだったので、症状がいつもと違うと思ったら相談していただくようにお願いした。
 なにしろ胃薬というのは私たち登録販売者にとっても鬼門で選ぶのが難しく、風邪薬の棚を見ているお客様なら声をかけやすいが、胃薬を選んでるお客様は、「訊かれるまで黙っておこう」と思ってしまうぐらいなので。←マテ

 お客様が『新ブロン錠』と『新ブロン液エース』と『ブロン液L』をに較べていたので、声をかけ『ブロン錠エース』も交えて違いを説明した。
 まず『新ブロン錠』と『ブロン錠エース』の違いは痰の状態での使い分けが考えられ、前者は咳をすると痰が一緒に出るような場合に向いていて、後者は痰が喉にかかって出にくい場合に適応する。
 『新ブロン液エース』と『ブロン液L』の違いとしては、前者の方が効き目が強い一方で内臓の働きを落としてしまい便秘を誘発する可能性があるため、その副作用を考えると後者の方が体に優しいと考えられる。
 『ブロン』を“いけない目的”で使っている人は、おそらく食欲が落ちたり便秘したりという副作用も起きているはずなので、今すぐやめておいた方が良いだろう。
 お客様が『ブロン』シリーズを選んでいたのは、「ネットで見た」からとのことだった。
 そうであれば、それを参考に店頭で相談してもらいたいところなのだけれど。
 お客様は昼間に咳き込み、車の運転中にも出るというため、眠気を帯びやすい『ブロン』シリーズは車の運転では避けた方が良いことと、体内が乾燥してる可能性をお話しして、上半身を潤す『麦門冬湯』の方を紹介し、試していただくことになった。
 それから、お客様には胃をいたわる食事と入浴を勧めたところ、お風呂は入っているそうなので、加えて温かい物を積極的に飲むようにお話しした。
 体内が乾燥してる原因は、体に内臓を炎症させて治したい理由があり、冷たい物を飲んだりすると体の方は「もっと頑張って炎症しなければ!」となってしまうので、体内を温めることにより、体に「炎症しなくても良いんだよ」ということを教えてあげるのだ。

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート