今や家庭の薬箱に消毒薬は不要? 消毒薬も比較してみると中身が少し違います

 ご主人がやや高齢で奥さんが若い年の差婚と思われる夫婦が来店し、ご主人から指が痛むとの相談を受け「カルシウム不足か?」と訊かれ、使いすぎによる炎症かもしれませんと答えたところ、今度は「サプリメントが良いか?」と質問されたため、医薬品のほうが効果を期待できますと勧めて『Q&Pコーワゴールドαプラス』と『ナボリンS』を案内したところ、前者を購入された。
 ご主人は病院を退院したばかりで昨日から入浴しているというので、それは続けるようにとお話しした。
 血流を良くして体を温めるのは、なによりの養生法。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から『マキロンS』を求められ、売り場を案内するさいに『デシンA』も紹介した。
 どちらも基本的には同じ成分の消毒薬ではあるが、前者には患部の修復を促す成分が入っており、後者には患部の疼きを抑える成分が入っていることを説明した。
 子供に使うのであれば、疼きを抑える『デシンA』の方が良いだろう。
 ただ、汚染地域や野外活動などで綺麗な水を確保しにくいということでなければ、水道水で患部を洗うだけで充分なことをお話しすると取りやめとなった。
 なにしろ、日本の風土環境は昔より格段に良くなっており、水道水は蛇口まで塩素が届いているので。
 この塩素を過剰に怖がって、赤ん坊の哺乳瓶を洗うのに使うのを避ける人もいるようだが、空気に触れると分解してしまうから体の毒にはならないし、いわゆる「塩素臭」と呼ばれるあの匂いは不純物と化学反応を起こした場合のもので塩素自体は無臭である。
 家庭で消毒薬を必要とするケースとしては、自身で注射する必要がある患者さんだろう。
 お客様には消毒薬よりも、傷ついた患部が化膿した場合に備えて抗生物質の塗り薬を用意した方が良いことを伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート