OS-1のパッケージには、使用上の注意と使用時の参考になる目盛りが書いてあります

 『パブロン鼻炎速溶錠EX』を購入されるお客様にヒアリングしてみると、主訴は鼻水と鼻づまりを行ったりきたりしているということだったので、鼻と胃は関係することを伝えた。

 鼻の症状が現れている時には、胃も悪くなっていると考えられる。

 鼻水になってる時には上半身が冷えていて、鼻づまりになる時には熱が篭っている状態なので、体内の熱を循環させるためにも温かい物を積極的に飲み、お腹周りに厚着をして下半身を温めると良い。

 入浴してるか尋ねると入っているとのことで、入浴すると症状が楽になるのは体感してるようだ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『OS-1』を4本も購入されるので、 容器に印刷されている目盛りを参考にして分けて飲むことと、常温の方が体に吸収されやすく効果的なことを伝えると「知らなかった」というお返事。

 『OS-1』の容器には、医師・薬剤師・管理栄養士の指示で飲むように書いてあるので、あまり自己診断で使わない方が良い。

 登録販売者が書いていないのは、発売時に登録販売者という職業そのものが無かったからで、書き加えないのは注意書きの変更にお金がかかるからなんだそうな。

 大塚製薬に問い合わせたら、そう言われた(´Д⊂グスン

 今回のお客様は、飲んだら美味しく感じたというため、適応すると考えられることと、それだけ体が弱っているということをお話した。

 また、スポーツドリンクについては成分から考えると、普段から運動している人向けなのが『ポカリスエット』で、あまり体を動かさない人は『アクエリアス』の方が向いている。

 そうお話すると、 お客様が「難しいね」と言われたので、「分からないことは尋ねて下さい」と伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 『ファイチ』を購入されるお客様に、鉄剤は胃に負担がかかることを伝えると、「脂っこいものは避けた方が?」と訊かれたので脂肪や肉などは小腸で消化することを説明した。

 主訴は立ちくらみで、検査での数値は低いそうだが、病院で薬は処方されなかったとのこと。

 立つと目の前が暗くなるというから適応するとは思うが、痩せていて声が弱々しかったため『人参養栄湯』を紹介して、病院での処方を担当医に相談してみてはと伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。