お店では薬を自分で選ぶその前に、先に相談して時間短縮! 情報収集!

 子供を連れたお客様に『フェイタスZα』の試供品をお渡しするさいに注意事項を伝えると、『フェイタス5.0』との違いを尋ねられたので鎮痛効果や気を付ける持病が異なることを説明した。
 どちらも他の外用消炎剤と較べて浸透力に優れ、『フェイタスZα』の主成分はジクロフェナクナトリウム、『フェイタス5.0』の方はフェルビナクというように同じ銘柄でも内容が異なり、鎮痛効果と浸透力は前者のほうが高いのだが、薬というのは強いものが良いとは限らない。
 特にジクロフェナクナトリウムは副作用として、陽の光を浴びると日光皮膚炎を起こす可能性があるので日除け対策が必要なうえ、血液中にも成分が入っていくため、使った患部以外の部分に副作用を起こすケースがあり、皮膚炎を起こしても関連に気づかないケースも考えられる。
 お客様には、病院に通院している場合は、使う前に調剤薬局に相談する方法もあることをお話した。
 子供も一緒に聞いていたので、張り切って説明しましたよ(´∀`)
 薬は気をつけて使ってもらいたいから、店頭で相談してね~♪

 お客様に『フェイタスZαジクサス』の試供品をお渡しするさいに注意事項として、他の薬との併用や持病について気をつけるよう伝えたところ、「貼る物も関係するんだ?」と訊かれたので、ジクロフェナクナトリウムは心臓や腎臓の循環器系、ロキソプロフェンは胃腸の消化器系、フェルビナクとインドメタシンは喘息の呼吸器系というように、影響し合うことを説明した。
 声かけをしている理由として、頭痛で頭に湿布薬を貼る人もいるからとお話したところ、「効くなら私もするわ」と言われたので、効きはするけれど脳の近くで危ないことを説明した。

 やや高齢のお客様が外用消炎剤の棚で系統の異なる湿布を比較して迷ってる様子だったので気にかけていたところ、何度か近くを「いらっしゃいませ~」と往復して、ようやく相談していただけた。
 お客様が選んでいる間は、いつレジに来るか分からないから品出しをしにバックルームに入ったりトイレにもいけなくて困るという事情もある。
 お客様も分からないことがあって迷っているのだろうし、早めに相談してもらえれば時間を無駄にせずWinWinだと思います。
 腰痛の他に、頸部が痛くなったり痺れを感じることもあるというのでさらに詳しく訊くと、血圧の他にも複数の薬を病院から処方されており、お薬手帳は持ってきていないとのことだった。
 先に調剤している薬局に相談するよう勧めたうえで、フェルビナク製剤を購入されるので成分表示をお薬手帳に貼るようお願いした。
 そうすれば病院で処方された薬と使った市販薬を一元管理して、医師や薬剤師の助言を得ることもできる。
 お客様は「病気の総合デパートなんだよ」と笑っていたけれど、こちらは笑えない(;´∀`)

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート