栄養ドリンクは珍しい成分が高価なだけで、高い商品の効果が優れているとは限らない

 お客様から、ご主人が「疲れた」と漏らしているとのことでドリンク剤について相談を受け、目的と予算によることを説明した。

 参考の一つとしては、タウリンを主体とした低価格帯のドリンク剤は最後のひと頑張りとか、これが終われば後は倒れるだけといった時に向いていて、まだこれから先が長いとか、これから何かを始めるというように持続力が必要な時には生薬系を選んだ方が効果的なことをお話した。

 ただし、珍しい成分が高価なだけで効果が優れているとは限らないから、価格と効き目は必ずしも比例しないことを説明し、低価格帯では費用対効果の面で『リポビタンD』よりも期待できる『キューピーコーワαドリンク』を紹介したところ、お買い上げいただいた。

 今回はドリンク剤の質問だったので、体力はあっても気力の面で疲労を感じる場合の『補中益気湯』や、肉体的な疲労に対応する『人参養栄湯』に、精神面と肉体面の両方が疲れている時に用いる『十全大補湯』などを紹介できなかった。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 常連のお客様が、以前から使っている『コムレケア』を購入するために来店した。

 お客様の話によると、夜中に足がつっても服用して5分くらいで効いてくるとのことだった。

 薬は自分で試すというのもなかなか出来ないので、こうして使用感を教えてもらえると助かる。

 ただ、お客様は夜中に薬を探して転んだというので、枕元に飲み水と一緒に置くよう勧めた。

 また、夜中に足がつるのは水分不足と考えられ、寝る前の水分補給も重要なことを伝えた。

 トイレに起きるのを嫌って寝る前に水を飲まないという人もいるが、血液中の塩分濃度が濃くなると排泄しようとして尿意を催すことがあるから、飲んだ方が良いのである。

 もちろん、飲み過ぎは禁物。

 目安としては、多くても100mlくらい。

 あと、冷たいと内臓を刺激して、やはり尿意を催す原因になるので常温が望ましい。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!