一度発熱をした後に総合風邪薬を使うかは慎重な検討を

 やや高齢のお客様から、オデキの相談を受けた。
 恥ずかしそうに話をされたので、お尻の近くのようだ。
 何か家にあった塗り薬を使ったようだけれど、銘柄は不明。
 抗生物質のみも考えたが炎症してるようなので、抗生物質と抗炎症のステロイド剤を合わせた『テラ・コートリル軟膏』を案内してお買い上げいただいた。
 お客様の高齢の母親もオデキの治りが遅いというお話だった。
 モノモライもそうだが、菌に抵抗するのにも皮膚の再生を促すのにも体温が低いと治りにくいため、入浴をして温かい物を積極的に飲み、下半身に厚着をするのが大事なことと伝えた。

 夫婦のお客様が来店し、ご主人から初めに「コルゲン風邪薬を」と注文されたものの、コルゲンシリーズのどれかは覚えていなかった。
 いずれにしろ、シリーズそのものが置いていないため、主訴の鼻づまりと喉の痛みに合わせて『エスタックイブNT』と『パブロンメディカルN』を案内してみたけれど、「コルゲンが効くんだ」と断られた。
 咳は無いというから、鼻炎薬を使うという手もあるのだが。
 多くの鼻炎薬には、効能に喉の痛みもあるので。
  結局ご主人は『ルルアタックEX』の購入を決められたものの、実は数日前に発熱していたというため、胃炎により体内が乾燥している可能性をお話し、まだ消化に良い食事をと勧めると苦笑いされてしまった。
 ううむ、普通に食事をされているのか。
 体を休めるためには、内臓も休めることも必要なのだけれど。
 それに一度発熱しているのであれば、もはや風邪薬を使うタイミングではない。
 一方、奥さんの方は少し咳があり、ご主人と同様に鼻がつまり気味というので『龍角散ダイレクト』を提案し、一緒にお買い上げいただいた。
 『龍角散ダイレクト』の効能には鼻づまりのことは書いていないが、処方内容からすれば上半身を冷やすので効果が期待できる。

 お客様から子供用のサプリメントを尋ねられ、『こどもDHAドロップグミ』を案内したところ目的が違うようなのでヒアリングすると、高校生の子供が同年代に比べると身長が低いというのを気にしてのことだった。
 部活で帰りが遅く睡眠時間が足りないとのことだったが、入浴はしており、食べ物に好き嫌いは無いというため、積極的にはサプリメントは不要と考えられることをお話した。
 身長には栄養の他に睡眠時間をもちろん運動の仕方も関係することを伝えたうえで、補助として『リポビタンJr.』を紹介した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート