複数の成分の入った市販薬の使い分けは難しい

 お客様が『パブロンSゴールドW』を持ってきたけれど、咳はそれほどではなく喉の痛みがあるというため適応しないかもしれないことをお話しすると、以前は『パブロンAゴールド』を使ったことがあるとのこと。
 しかし現在の症状は、鼻水と喉の痛みの他にだるさと悪寒があるというので、どちらにしろ向いていないことを説明した。
 喉の痛みより鼻水の方が気になるようだったので『葛根湯』を提案してみたが、漢方薬が効くとは思っていない様子だったため、鼻水と喉の痛みの両方を面倒見る物として『ルルアタックNX』を紹介したところ変更となった。
 もっとも、『ルルアタックNX』にしても咳止めが入っているから向かないのだけれど。
 風邪薬に限定するなら、『PL顆粒』を案内するべきだったかと後で思った。
 お客様は立ち仕事で無理して出勤しているとのことだったので、消化にエネルギーを取られないようインスタントスープなどを勧めると、お腹がすくということから味の濃い物で脳をだまして量を控えるようお話した。

 お客様が『葛根湯』を購入されるさいに、喉の痛みや咳、発熱には適応しないことを伝えると興味を示されたので、上半身を温める効果を生かすために家に置いておくよりも持ち歩いて出先が寒かった時に使うよう勧めた。
 『葛根湯』は早め早めに使うのが効果的なので、風邪をひいてから買いに来るようだと遅いことも伝えた。

 高齢のお客様から『新パワーアクトEX』と『グランアクトEX』の違いを尋ねられ、後者にはニコチン酸アミドが関わってることを説明した。
 ニコチン酸アミドは細胞の酸化還元反応に不可欠で、つまりは細胞の活性化に役立つ。
 ただ、お客様の主訴は首の後ろと肩のこりで、価格差ほどの効果が体感できるとは限らないのと、先に『新パワーアクトEX』を使っていたというため継続を勧めて、お買い上げいただいた。
 患部は温めると楽になるらしいので、『葛根湯』も試してみてはと提案した。

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート

複数の成分の入った市販薬の使い分けは難しいへの2件のコメント

  1. アバター はぐれ薬剤師
    はぐれ薬剤師 コメント投稿者

    言葉は悪いですが、総合と名がつく、無責任な胃腸薬、風邪薬ですね。ご面倒でない方は相談でお求めです。

     
  2. アバター 金銀花
    金銀花 コメント投稿者

    基本的に、身体機能を低下させて症状を抑える物が多いですよね総合薬は。
    総合を使う時には、ゆっくり養生してもらいたいところです。