身近に医療者がいても相談しにくい?

 お客様から、『ヘパリーゼGX』を求められたけれど、取り扱っていないことを説明した。
 用途は処方されている薬による肥満と疲労だそうで、たまたま訪れたお店の薬剤師から勧められたという。
 調べてみるとウルソとタイソウが入っており、疲れが取れた気がするということからも適応してるんだろうとは考えられる。
 ただ、病院に行くのはもう嫌というため、かかりつけの薬剤師を持つように勧めたところ、息子さんが卵とのことで親戚には医師もいるという。
 ううむ、身近だとかえって相談しにくいのかな。

 お客様から、ご主人の咳の相談を受けたが、詳しく訊くと喉がイガイガして咳き込むほどではないものの、すでに一週間続いているという。
 たまにタバコを吸うというため『清肺湯』も考えてみたけれど、すぐに止めるのに『ブロン錠エース』を、上半身を潤すのに『麦門冬湯』を提案し、今回は『ブロン錠エース』をお買い上げいただいた。
 長引く咳は自覚症状の無い胃炎の可能性があるため、消化の良い食事をするよう勧めた。

 お客様から鼻炎と咳の相談を受け、風邪のぶり返しで痰に色があるとのことだった。
 『ルルアタック』を使っていたというのだけれど、シリーズのどれかは覚えていない模様。
 すると、咳は鼻汁が喉に落ちて起きるようなので鼻炎薬を提案し、『パブロン鼻炎カプセルSα』をお買い上げいただいた。
 鼻づまりがあるようだったら、『チクナイン』(辛夷清肺湯)も候補になるところである。
 買い物袋に、お弁当が見えたので、鼻と咳の症状には胃の不具合も関係する可能性があるため、明日からでも消化の良い食事にしてみるよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート