寝る時に鼻が詰まってしまったら

 お客様から、鼻づまりの相談を受けた。

 中学生の頃から繰り返してるとの『葛根湯加川きゅう辛夷』を勧めたうえで、比較として鼻づまりで寝られないくらいの時の『荊芥連翹湯』と、胃が弱って鼻汁が喉に落ちてくる場合の『辛夷清肺湯』を紹介した。

 本日は相談のみとなり、下半身を温めて上半身に溜まりがちな熱を循環させることと、鼻が詰まった時には首の片側の頚動脈を押さえると、その反対側の鼻は通ることを教えた。

 寝る時に鼻が詰まってしまったら、横を向いて枕を頭ではなく首に当てて頚動脈を押さえるんである。

 お客様から空腹時の胃痛の相談を受け、食欲はあるとのことだったが疲労もしているというため、『大正漢方胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』を案内し、後者をお買い上げいただいた。

 出張続きでホテルではシャワーで過ごしていたというため、帰ったら長めの入浴をするよう勧めた。

 長期間をシャワーで過ごさなければならない時には、シャワーを正面から浴びるのではなく背を向けて首から腰にかけて浴びると、神経が刺激され血流も良くなることにより疲労を軽減できるのでお試しあれ。

 夫婦のお客様から『ヴィックスヴェポラップ』を求められ、お会計をしながらヒアリングすると幼児の鼻づまりに使うとのことだった。

 鼻づまりは体内の熱が上半身に溜まり、循環が上手くいっていないのが原因と考えられるため、下半身を温めるよう勧めた。

 また、寝る時は身体を横向きにして枕を首に当てると、反対側の鼻は通ることを教えた。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!